無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「ちょっとそこまで」に使えて便利♡簡単に作れるコインケースのDIYアイデア6選

普段使うお財布は質の良いしっかりしたものがベストですが、近所のコンビニに行く時などはもっと身軽に出かけたいですよね。そこで今回は、「ちょっとそこまで!」に役立つ小銭入れの作り方をご紹介します。

2018年9月
DIY

今日は手ぶらで出かけたい♡

きちんとしたお財布を持つことは、大人の女性として当然です。とは言え、近所のコンビニや公園に行くときまでお財布が入るバッグを持つのは、少し面倒に感じられませんか?

小銭だけあれば大丈夫そうなときは、コインケースを持っていきましょう。アウトドアのイベントなど、お気に入りのお財布を汚したくないときにも役立ちますよ。早速作り方をご紹介します。

①飲料パックのリサイクルケース

汚れやすい場所で役に立つ!

creon-diy.jp

汚れそうな場所にも気軽に持って行けるのが、飲料パックをリサイクルしたコインケースです。ホチキスで留めるだけなので、スキマ時間にパパッと作れますよ。

海外飲料パックで!リサイクルコインケース

②ペットボトルの防水コインケース

水に濡れても大丈夫♡

dobiaszaniko.blogspot.com

レザーのお財布は水に濡れると傷んでしまいますが、ペットボトルで作ったコインケースならその心配はありません。リボンを貼りつけてファスナーの両端を隠すと、可愛らしくなりますよ。

必要なもの

ペットボトル2本
ファスナー
リボン
針と糸
グルーガンまたは接着剤

2本のペットボトルをカットして、針が通りやすくなるように穴を開けておきます。ここにファスナーを縫いつけましょう。ファスナーとペットボトルの境目が隠れるように、接着剤でリボンを貼れば完成です。

③レザーのミニコインケース

小さなポケットにも収まるサイズ♡

creativefashionblog.com

三角形のコインケースは、スキニーデニムのポケットにも楽々収まるミニサイズ!レザーを使うことで、小さくても高級感のある仕上がりになります。

必要なもの:

レザーのハギレ
穴あけポンチ
スナップボタン
打ち具

全てダイソーで手に入ります

4つの三角が入った大きめの三角形を描き、型紙にします。レザーを切り取り、0:21からのように折り畳んでから穴あけポンチで穴を開けましょう。打ち具を使ってスナップボタンをはめればできあがりです。

④がま口コインケース

持ち歩きやすい軽さが◎

creon-diy.jp

コロンとした形が可愛いがま口のコインケースは、小さくて軽いのでお散歩にぴったり。こちらも100均グッズだけで作ることができます。

がま口コインケース

⑤フェルトのコインケース

ほつれにくいから簡単に縫える♡

フェルトはほつれにくく端の処理をする必要がないので、気軽にお裁縫を楽しむことができます。動画のように3色を合わせてカラフルにしても、1色でシンプルにまとめても素敵ですよ。

必要なもの:

型紙
フェルト
針と糸
接着剤
スナップホック
パールやリボンなどの飾り

まず最初に、0:39のようにフェルトをカットしておきます。これを0:50からのように縫い合わせていきましょう。裏側にスナップホックを接着剤で貼りつけて、表にはパールやリボンなどを飾れば完成です。

⑥レザーの六角形コインケース

ポケットが膨らまないすっきりシルエット

www.ellefrost.com

六角形のコインケースはすっきりしたシルエットなので、ポケットがパンパンに膨らむことはありません。動画ではギボシというパーツで蓋を留めていますが、もっと簡単に作りたいときはマジックテープでもOKです。

必要なもの:

レザー
レザーカッターまたはカッター
ペン
穴あけパンチ
ギボシ
ステッチルレット(なくてもOK)
千枚通し
針と糸

0:11のように型紙を書き、それに沿ってレザーを3枚切り取ります。小さめの2枚には穴を開けて、ギボシを通しておきましょう。千枚通しで穴を開けてから、全てのパーツを縫い合わせれば完成です。

もっと身軽に出かけられる♡

汚れることが多いアウトドアや近所への買い物には、お財布よりもコインケースの方が使いやすくて重宝しますよ。1つあると便利なので、ぜひ作ってみてください。

記事に関するお問い合わせ