無料の会員登録をすると
お気に入りができます

歳を重ねるほど別れがつらい...30代女子の「後悔しない別れ方」

30代に入ってからの別れは辛いもの。ただ、新たな良縁を築くためには、ダメな縁はさっさと見切る必要があります。迷っている時間こそもったいないかもしれません。本記事では、30代女子が幸せをつかむための「別れ方」のコツをご紹介します。

2019年3月
恋愛・結婚

関係が膠着状態になったら別れる決断を

うまくいかない相手とズルズル関係を続けても、幸せな将来は見えてきません。幸せをつかむためには、まず別れる勇気が必要です。30代女子がカレと別れる際に、気をつけたい6つのポイントを見ていきましょう。

①彼が許容ラインを越えたらきっぱり別れる

彼氏に大切にしてもらえていないのに、「自分にも落ち度があった」などと思い込み、別れられないでいる女性は少なくありません。ダメ男とズルズル付き合い続けると、幸せになれないまま歳を重ねていってしまいます。

まず、浮気や暴力、借金など、自分にとって絶対に許せないラインを設定し、彼に伝えましょう。彼がその線を越えたら、それはあなたとの関係を大切にしていないということです。迷わず別れることをおすすめします。

②彼を変えることはできないことを理解する

付き合い続けていれば、あるいは結婚すれば、彼はいつか自分の理想のパートナーに変身してくれると期待していないでしょうか。残念ながらそれは何の根拠もない幻想です。

幸せになるためには、根拠のない幻想にしがみつかず、他人を変えることはできないと現実的に考えるべきです。「この人は10年経ってもこのまま」ということを理解し、それでも一緒にいたいか考えてみてくださいね。

③フェイドアウトは反則ワザ!基本的にNG

別れを決めた時、改めて別れ話をするのは気が重いからと突然連絡を絶つのは考え物です。恋愛経験を成長の糧とするには、人として誠実にふるまうことが大前提。別れのプロセスはきちんと完了させる必要があります。

girlydrop.com

相手の暴力やストーカー行為など身の危険を感じるような要素がなく、きちんと付き合えていたのなら、最後まで相手に誠意をもって接するべきです。今の恋愛をきっちり清算してから次の恋を探しましょう。

④修羅場はNG!別れ際はきれいに

彼に対しどんなに腹の立つことがあっても、別れ際に泣きわめいたり暴言を吐いたり、物を壊したり周囲に噂を流したりなどの迷惑行為は慎みましょう。もう二度と会わないと思っていても、世間は意外と狭いものです。

彼との関係は終わっても、彼の周囲の人たちは未来の恋人候補かもしれません。「人騒がせな彼女だった」というような悪い評判が広まるような事態は避けましょう。別れ際の修羅場は結局、あなたのためになりません。

記事に関するお問い合わせ