無料の会員登録をすると
お気に入りができます

横浜赤レンガ倉庫で「パンのフェス 2018 秋」開催。食べ比べもできる日本最大級のパンの祭典!

旅行・おでかけ

2016年春の初開催以来、日本最大級のパンイベントとして毎回大好評を博している「パンのフェス」。2018年秋は、9月15日(土)から17日(月・祝)までの3日間、横浜赤レンガ倉庫で開催される。会場には、地元神奈川の人気店をはじめ、全国各地からパンの名店が勢揃い。予約制で限定販売される企画パンや、初の企画となる限定パンの食べ比べも実施。香ばしい匂いに包まれて、幸せなパンの時間を楽しもう。

左/ベーカリー ペニーレイン「ブルーベリーブレッド」 右/伊豆高原フロマージュパン専門店 Marble coco.「プレミアム濃厚フロマージュ」

「パン屋さんエリア」には全国からパンの名店が続々登場

「パンのフェス秋2018 in 横浜赤レンガ」では、今回も40店以上のパン屋さんが「パン屋さんエリア」にエントリー。例えば、栃木県の那須町にある「ベーカリー ペニーレイン」は、毎回大行列の人気店。「ブルーベリーブレッド」は、オリジナルのブルーベリーソースをたっぷり練り込んだ生地に、甘酸っぱいジャムを渦巻き状に入れているので、ベリーの風味を存分に堪能できる。焼きあがったパンの切り口から、とろりとこぼれるブルーベリージャムがたまらない人気No.1の1品。

「伊豆高原フロマージュパン専門店 Marble coco.」は、パンに合うチーズを厳選して、心を込めて手作りで焼きあげる日本初のフロマージュ専門店。北海道産モッツァレラチーズを贅沢に使った「プレミアム濃厚フロマージュ」は、完成までに2日かかるというこだわりパン。軽く焼いて食べるとチーズの香ばしさと、とろける食感がクセになるそう。

左/お豆腐マフィン&豆乳スコーン専門店 Guruatsuぐるあつ「3種の栗のモンブランマフィン」 右/ブーランジェリーラフィ「カエデ」

上野にある「お豆腐マフィン&豆乳スコーン専門店 Guruatsuぐるあつ」は、卵や乳製品を使用せず、マーガリンなどのトランス脂肪酸もフリーというヘルシーさで注目を集めるお店。「3種の栗のモンブランマフィン」は、フランス産のマロンペーストを練りこんだ生地に渋皮栗と有機栗をゴロゴロ混ぜ込んだマフィンで、ラム酒が効いた贅沢な味わいに。

北海道の富良野から参加の「ブーランジェリーラフィ」(9月17日出店)は、長時間発酵させたパンを薪窯で1つひとつ丁寧に焼きあげる地元の人気店。「カエデ」は、ブリオッシュ生地にメープルシュガーがたっぷり入ったやさしい甘さのパン。

いずれも「パンのフェス」で大好評のお店だけど、このほかにも、パン好きの間で話題の店や地元で愛され続ける名店が続々登場する。

【企画パン】ブーランジェリー タテルヨシノ プリュス「牛フィレカツサンド」5400円 ※1日限定20個(9/16・17のみ)

事前予約の企画パンには名店のフェスオリジナル限定パンが

毎回、目玉となる事前受注販売の「企画パン」には、今回選りすぐりの3店がラインナップ。汐留の「ブーランジェリー タテル ヨシノ プリュス」からはフェスオリジナルの限定「牛フィレカツサンド」(5400円、1日限定20個)が登場。

こちらは、同店の母体となっている高級フレンチレストラン「タテル ヨシノ 銀座」でも提供するような牛肉料理を、特別にアレンジしたサンドイッチ。上質な牛フィレ肉120gを豪快に揚げてブリオッシュでサンドし、黒トリュフ入りワインなどで作ったソースと合わせた味わいは、何ともリッチ。

【企画パン】シニフィアン・シニフィエ「アヴェック ドゥ ヴァン~ロトンヌ(ワインとともに〜秋)」3500円

三軒茶屋の人気店「シニフィアン シニフィエ」の限定パンは、“秋の夜長にワインとともにいただくパン”というイメージで作られた「アヴェック ドゥ ヴァン〜ロトンヌ(ワインとともに〜秋)」(3500円、数量限定)。

フランス産の有機小麦にヨーグルトや蜂蜜を入れ、ほのかな酸味や甘みがバランスよく調和した生地に、オリーブやクルミ、レーズンやクランベリーを入れて焼きあげたパンは、ワインの風味にも相性ぴったり。全長約25cmもあり、食べ応えも十分なので、ワインと一緒に家族や友人とシェアして楽しみたい。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ