無料の会員登録をすると
お気に入りができます

前に恋したのは、いつ?「恋愛できない女」から脱出するコツ教えます!

恋愛をしたいのになかなかときめきもしない。そういえば、恋ってどうやって始めるんだっけ…?そんなアラサー女性に向けて、恋に踏み出す方法を伝授します。

2018年9月
恋愛・結婚

ずっと恋してない…そろそろやばいのかな?

恋愛をしたいけど、前に恋愛をしたのがいつだったのかすら思い出せないほどご無沙汰な女性もいます。仕事や友人関係、趣味は充実しているけれど、恋愛だけがなぜかうまくいかないのはなぜなのでしょうか?そろそろ恋愛したいなと思っていたり、交際をしてもなぜかのめり込めない女性は少なくないのです。

なぜ恋できないのか?

友達も多いし、プライベートが充実しているのに、なぜか好きな人ができなかったり、ドキドキしない女性が増えています。一瞬、「いいな」と思っても恋愛に夢中になれなかったり、恋愛対象になるような男性に巡り会えないのは、なぜなのでしょうか?

初対面からマイナス評価しているからかも

出会いの場に積極的に出向いたり、友達も多いのになかなか恋愛モードになれないのは、最初からあまりに異性に対して厳しく評価をしているからかもしれません。長く恋愛をしていないと「恋の始まりはこういうもの」という理想の形が出来上がっています。

出会い方や相手からのアプローチの仕方、あなたが相手にときめくことができるかどうか、などの細かいチェック項目をクリアしないと恋愛が始まらない、と思っていませんか?

相手のいろんな部分を見て「この部分が気に入らない」「ここがマイナスだから嫌」と減点して評価していませんか?どんな人も完璧でないことはわかっているはずなのに、相手に理想や完璧を求めているのかもしれません。

過去の恋愛を引きずっている

以前付き合っていた男性からひどい仕打ちを受けたり、まだ元彼に未練がある場合には、なかなか新しい恋愛に踏み出す勇気を持つことができないでしょう。いい恋愛をスタートしたくても「昔の彼氏は〜だったから」とつい思い出してしまい、比較することもあるでしょう。

素敵な男性が目の前に現れても、つい過去の男たちと比較をしてしまうと、素直に恋愛をするのが難しくなります。相手も「過去の男と比較してる」と感じると、あまりいい気はしません。

過去の恋愛の辛さを払拭してくれるのは、新しい男たちではなく、あなた自身なのです。白馬の王子様が「僕だけに夢中にさせて、過去の男のことは忘れさせてやる」と言ってくれるような状況は、乙女の理想の夢の中だけなのです。

ときめき力を掴むには?

「好き」に敏感になること

恋愛する感覚を掴むためには、自分自身の感覚を少しずつ変えていくことから始めていきましょう。ときめく力をつけるには、「好き」という気持ちに対して敏感になることです。一目見たときにドキドキしたり、一緒にいて温かい気持ちになったり、ささやかな幸せを感じる力に敏感になりましょう。

記事に関するお問い合わせ