無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「発売早々売切れ続出…!」モスバーガーから”真鯛カツバーガー”登場!絶品すぎてSNSでも話題に

グルメ

モスバーガーの新作バーガーがいま話題となっています!

それは、真鯛をカツにして挟んだという贅沢の極みバーガー!

「身がふわふわでおいしい」「カツの厚みがすごい」「高級な味」など、SNSでは話題沸騰中なんです。
人気がゆえに、買いに行くタイミングによっては売り切れの場合もあるのだとか。

「バーガーの中身はハンバーグに限る!」と思っていたわたしの概念を、この真鯛カツバーガーはいとも簡単に覆しました。
正直なところ、このおいしさに相当驚いています!

それでは、実食レポートにて『真鯛カツバーガー』の魅力をたっぷりとご紹介していきます!

(1)愛媛の真鯛を使った生産地応援バーガー

5月20日に発売されたのは、生産地応援の取り組みとして商品化された『真鯛カツバーガー』です。

愛媛県愛南町の養殖真鯛を使用した、贅沢なお魚バーガー。
ここの真鯛の特徴は、刺身に使われるほど身が締まっていて、きめ細やかで上品な脂のりなんだそうですよ。

このコロナ禍ですが、わたしたちが食べることで生産地を応援できるなら、それはとても嬉しいことですね。

(2)レモンが効いているのがポイント

バーガーの包みを開けると、すぐにレモンの爽やかな香りが鼻に届きました。
タルタルソースにレモンを効かせることで、真鯛のおいしさを引き立てているそうですよ。

タルタルソースとレモンはもともと相性がいいですが、この真鯛カツバーガーのレモンは思った以上に風味がしっかりして爽やかです。

夏にピッタリな味わいで、わたしはこのレモンの強さにハマりました♪

(3)真鯛カツは贅沢に2枚!

このバーガーについて特筆すべきは、なんと真鯛カツが2枚ということ!
高級魚である真鯛をこんなにたっぷり使っているなんて、本当に贅沢極まりないバーガーですよね♡

その下にはグリーンリーフ、千切りキャベツと真鯛カツに合う野菜が敷かれていますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ