無料の会員登録をすると
お気に入りができます

猫の耳先にある「リンクスティップ」とは?どんな猫が持っている?

猫の耳先に付いている、可愛いちょんっとした毛。実は、「リンクスティップ」という立派な名前があります。とっても可愛いリンクスティップですが、どうして付いているのでしょうか。その理由、気になりませんか?そして、リンクスティップを持つ猫には、どんな猫がいるのでしょう?

ひよしりん

ペット

「リンクスティップ」とは?

早速、猫の「リンクスティップ」の特徴をチェックしていきましょう!

・耳の先にある
・オオヤマネコ属から命名
・狩りのために発達した
・様々な猫に見られる

特徴1 耳の先にある

「リンクスティップ」とは、猫の耳の先端から生えているピンと立った毛のことです。英語では「Ear Tufts」と呼ばれることもあります。耳の中から生えている毛と混同されやすいのですが、リンクスティップは耳の先から生えている毛だと、覚えておいてください。

特徴2 オオヤマネコ属から命名

オオヤマネコやボブキャットなど、オオヤマネコ属を総称して「リンクス(Linx)」と呼ぶことがあります。これらのヤマネコは立派なリンクスティップを持っています。そのため、「ヤマネコの耳毛」という意味で、リンクスティップと呼ばれるようになったとか。

特徴3 狩りのために発達した

リンクスティップは猫の「飾り毛」と言われることもありますが、実はこれは、猫が狩りのために発達したと考えられています。猫はリンクスティップがあることで、わずかな空気の動きや音を、感じ取ることができるのです。

猫はリンクスティップを切ってしまうと狩りの精度が落ちるとも言われています。猫の飾り毛だから、といって切ってしまわないようご注意ください。

特徴4 様々な猫に見られる

リンクスティップは大型猫であるメインクーンの特徴とされていますが、実は他の猫種にも見られます。さらには雑種猫にも見られます。実際、我が家のキジトラは短いですが、リンクスティップを持っています。

純血種でリンクスティップを持っているのはメインクーンの他に、ノルウェージャンフォレストキャット、アメリカンボブテイル、アメリカンカール、ペルシャ、サイベリアンなどです。

リンクスティップを持つ猫種

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ