無料の会員登録をすると
お気に入りができます

料理スペースが広くなる!「キッチンの断捨離」成功法

インテリア

片づけ大好きエディター・ぷり子

汚部屋を見ると片づけずにはいられないお節介なエディター・ぷり子。汚部屋読者を愛ゆえの毒舌で叱りつけながら美部屋に変身させるのが生き甲斐。座右の銘は「昼間からビール」、「ズボラでもラクして片づく部屋」作りがモットー。最近へちゃむくれた娘を出産し、へちゃ子と名付けた。

ぷり子のキッチンはこんな感じ

築50年近い古い物件をリノベーションしたぷり子の自宅。「料理の効率をアップさせるようサッと取れる収納にしたのよ。それからね〜」と自慢気に語り出しました。話が長くなるので割愛。

ぷり子のインテリアをもっと見る

実家に帰ると「汚台所」だった!

さて、自宅キッチンは思い通りにしているぷり子だけれど……。産後帰省したぷり子を待っていたのは、汚台所と化した実家のキッチン。

料理しにくいのが悩み

ぷり母も「なんだか料理しづらいのよね〜。どうしてかしらね〜」とお悩みの様子。ぷり母はちょっと天然キャラのようです。

電子レンジ、炊飯器、ポットの置き場が悩みの種

「通路に置いているけど人が通れないのよね〜。困ったわ〜」とぷり母。色々と置き場を考えたけれどスペースがないのだという。

お節介ぷり子が片づけることに!

「帰省中に私が解決してあげる!」とまたもやぷり子のお節介が炸裂。「実家なんだからお節介焼いたっていいでしょ! 盛大にやるわよ!」と目を血走らせます。

まずはキッチンの中身を「全部出す」!

記事に関するお問い合わせ