無料の会員登録をすると
お気に入りができます

このカタチ、あぁよくあるやつ…と思いきや実はめちゃ計算された構造![ダイソー]「クリアマルチフック」が本当にマルチか調べてみました♪

100yen

細々とした物が多い&掃除が苦手な我が家では、最近何かと吊るす収納に頼っています。

つっぱり棒を使ったり、ワイヤーネットを吊るしたりと、そのため何をするにもフックが欠かせないアイテムとなりました。

そうなると少し気になるのがフックの種類です。

「コレをかけるならあのフックを買い足さなきゃな」

「この壁にコレを置きたいから、違う形のフックを買おう」

収納に合わせてフックを変えていたのですが、それも結構な手間に…。

数が余るときもあり、ちょっともったいないなと思っていました。

それでもフックが必要なので【ダイソー】に足を運んでみると、「なるほど!」と言いたくなるうれしい商品を発見。

このカタチ、あぁよくあるやつ…と思いきや実はめちゃ計算された構造!【ダイソー】「クリアマルチフック」が本当にマルチか調べてみました♪(画像8/8) - レタスクラブ https://www.lettuceclub.net/weblettuce/article/1034324/i10309647/

・「クリアマルチフック 両面テープタイプ」110円/1個(税込み)

<材質>本体:アクリル樹脂/粘着部:アクリルフォーム

<耐荷重>1kg/1個

ちょっと変わった形のマルチフックの魅力、お伝えさせていただきます!

クリアマルチフックが“マルチ”に使える理由

クリアマルチフックは少し変わった形をしています。

壁にペタっとできる四角い面は約43mm×43mmの正方形。出っ張っているフックの高さは約22mmほどの大きさです。

背面には直径約38mmの両面テープがついていて、ステンレスやガラスなど光沢のある平らな面なら設置OK。

1個使いした場合の耐荷重は約1kg。小さく軽い割に力持ちなアイテムです。

いろいろな場所で“マルチ”に使える秘密はフックの形にあり。

横から見るとフックが斜めにカットされたような形をしていて上から見ると、フックの下には四角い穴が空いています。

今までなかった形のフック、さっそく我が家で使ってみようと思います!

キッチンで検証した結果

袋を閉じたりまとめたりするときに使う輪ゴムを、我が家ではコンロ下の引き出しに箱ごとしまっていました。

使う頻度が高いのにこれじゃぁ使いにくい! ということで壁面に移動。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ