無料の会員登録をすると
お気に入りができます

抹茶の老舗の絶品デザートも! [京都]名庭を眺めながらおいしいスイーツが楽しめる、おすすめカフェとは?

旅行・おでかけ

〈無鄰菴〉/岡崎

東山を借景にした芝生の庭は、明治時代に造られた近代的な空気感がある。「第二無鄰菴だった〈がんこ高瀬川二条苑〉と同様、ここは山縣有朋の別邸でした。共通点は、流れる水。建物からの景色が美しく見えるように設計されている庭です」。

その景色が味わえる母屋のカフェで、同じ明治時代に洋菓子を紹介した〈村上開新堂〉のロシアケーキを。

〈村上開新堂〉のロシアケーキとほうじ茶のセット800円。流水をデザインした焼印の特製どら焼(300円)はおみやげにも。

山縣有朋は故郷・下関に「無鄰菴」を、現在の〈がんこ高瀬川二条苑〉に「第二無鄰菴」、そしてここに「第三無鄰菴」を造った。政治だけでなく、庭園デザイナーとしても才能を発揮した人。

〈無鄰菴〉
■京都府京都市左京区南禅寺草川町31
■075-771-3909
■8:30~18:00(9~10月)
■410円
■30席/禁煙

〈祇園 北川半兵衞〉/祇園

宇治茶問屋6代目が築100年の町家をリノベし、店内では五感でお茶を体感できる仕掛けが。2階の壁は、茶問屋で使われていた茶箱が解体され、アクセントとして生かされている。

夜カフェタイム(18:00~22:00)限定の「テ・ベール」(抹茶のケーキ、抹茶味噌アイスクリーム、ドリンク付き)2,500円。

最高級の抹茶を惜しげもなく使った濃厚なケーキやパフェは、抹茶の老舗ならでは。

茶筒入りの抹茶パフェ(ドリンク付き)2,400円。

デザインを烏賀陽百合さん、作庭を〈植真(うえまさ)〉の山下真広さんが手がけた坪庭のテーマもお茶。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ