無料の会員登録をすると
お気に入りができます

きっと大丈夫。どうしようもなく不安な気持ちを穏やかにする方法

どうしようもなく不安な気持ちに襲われてしまうことはありませんか?考えたくないのに考えてしまい、心を疲弊させてしまうのはつらいこと。そんな苦しい気持ちを穏やかにしたいときに、読んでほしい記事です。

2018年9月
ライフスタイル

どうしようもなく不安…

穏やかな気持ちになるには?

ときどき、どうしようもなく不安に襲われることはありませんか。理由は何か悩み事があるのかもしれません。将来への不安、人間関係での不和、恋人との関係、お金の問題…深刻な状況もあるでしょう。

不安が募ると目の前の作業が手に着かなかったり、夜も眠れず考えてしまったり、常に心が疲弊してしまいます。そんな不安を解消し、気持ちを穏やかにするための方法を知っておきましょう。

不安な心を安らげるには

深呼吸する

不安は心を消耗させますし、止めどなく負の感情が湧き起こってしまいます。そんな自分の心を落ち着けるために、深呼吸をしましょう。

鼻から息を吸ってお腹を膨らませて、口から息を吐いておなかを凹ませて。吐く息を長くすることを意識しましょう。腹式呼吸は自律神経のうち副交感神経を優位にして、気持ちを穏やかにしてくれます。

「大丈夫」と自分に言い聞かせる

不安になると、どうしても自分を否定するような気持ちになってしまいます。なので、自分を肯定する言葉を言い聞かせて、気持ちが少しでもポジティブになるようにしてみましょう。

「大丈夫」「私は頑張ってる」「いつもありがとう」など。「大丈夫」と唱えることで、気持ちも「大丈夫」になっていくはずです。

軽い運動をする

何もしていないと考えてばかりで不安が大きくなってしまうので、何か行動して強制的に考えないようにするのも一つの手です。その方法の一つが運動です。不安から気を逸らし、気持ちをスッキリとさせてくれます。

激しい運動は体力を消耗させて心もより疲れてしまうので、ストレッチや体操など軽い運動がベター。ヨガなら心を落ち着かせる作用があるとされているのでおすすめです。

ゆっくりと休む

不安を考えない方法として、体も心も休めることが大切。体も心も疲れているからこそ、追い詰められて不安が大きくなってしまうことも多いです。

記事に関するお問い合わせ