無料の会員登録をすると
お気に入りができます

幸せが逃げる?恋するアラサー女子が今すぐやめたい10のこと

恋愛でいちばん大事なのは素直さ。でも大人になると、自分でも気づかないうちに偏ったこだわりやマイルールができてしまうものです。ピュアな自分に戻り、幸せな恋をするために今すぐやめたい10のことを見ていきましょう。

2019年1月
恋愛・結婚

偏ったこだわりやルールが恋を遠ざける

昔は純粋に好きという気持ちを大切にできたのに、大人になるにつれ頭でっかちになり、素直な恋愛ができなくなるものです。素直さを取り戻し、幸せな恋をするために今すぐやめたい10のことをご紹介します。

①「〇〇している人はダメ」と決めつける

「親と同居している男性はダメ」「身長〇センチ以下の男性はダメ」など、NG項目が年々増えているという方は要注意。あまり入口を狭くすると、恋のチャンスを自ら減らすことになります。

条件面では完璧でも内面が自分とは合わない男性を追いかけ、失敗を繰り返す女性は少なくありません。よい恋愛の第一歩は、自分にはどんな男性が合うのかを知り、正しい相手選びをすることです。

スペックより内面を見るように心がければ、自分にふさわしい相手を選ぶことができるようになりますよ。

②友達と自分を比べる

人と自分を比べても仕方ないと頭ではわかっていても、気にしてしまうという人も多いはず。特に年齢が近い女友達の動向は気になるものです。友達の幸せが素直に祝福できないようになったら要注意です。

自分がいま手にしている幸せに気づかず、他人が持っているものばかりを欲しがるのはもう卒業しましょう。心から大事だと思えるものだけを追求していけば、きっとその先に幸せな恋愛が待っていますよ。

③他人の言葉に「でも~」と反論する

職場やプライベートで他人から何か言われたとき、すかさず「でも~」と返していないでしょうか。「でも」が口ぐせの人は、「他人の言葉を素直に受け入れられず、ネガティブで頑固」という印象を与えます。

相手の意見を尊重せず、「でも~」と自分の意見に固執する人は、そのネガティブさで相手をうんざりさせてしまいます。謙虚になり、相手の言葉をしっかり受け止めるように意識すれば、恋愛だけでなく仕事の人間関係もうまくいくはず。

④SNSのパトロール

友達のSNSを見て、生活ぶりをチェックするのが習慣になっていませんか?華やかな毎日を送る友達と自分を比べ、自己嫌悪に陥る人も多いはずです。落ち込んだり投げやりになっては恋のチャンスはやってきません。

www.pexels.com

SNSは、生活の中の特にキラキラした部分だけを切り取って載せるもの。他人が見ると充実した日々の連続のように見えますが、あくまで「編集」されたものであることを忘れないようにしてください。

SNSに気持ちを乱されるのは、時間のムダ以外の何物でもありません。他人と自分を比べず、自分だけの幸せを追求することに集中するには、SNSとは距離を置くのが最も簡単かつ効果的です。

⑤「大丈夫!」と強がって手助けを断る

「女だからってナメられたくない」「弱みを見せたくない」「男に媚びたくない」「甘えたくない」という気持ちが心の中にないでしょうか。強い自分であろうとする気概は立派ですが、恋愛面では注意が必要です。

男性が差し出した手をはねつけ、弱みを見せまいとする女性は誰も必要としていないように見えます。恋愛は人と人との心の結びつきで成り立つもの。自分から心を開けば、きっと素敵な恋がやってきますよ。

⑥LINE文面の裏読み、分析

気になる人とやりとりをしているとき、相手が送ってきたメッセージから「自分のことをどう思っているんだろう」と裏読みするクセがついてしまっていませんか?

「嫌われているかも」と余計な心配をしたり、脈ありと思い込んで前のめりになったりして失敗する人は少なくありません。相手側は、まさかそこまで深読みされるとは思わずにメッセージを書いているはずです。

girlydrop.com

文字情報だけで相手の気持ちを正確に読み解くのは難しいということを忘れないようにしましょう。LINEのやりとりよりも、対面しているときのコミュニケーションを大事にしてくださいね。

⑦早く白黒つけなければと焦る

恋愛下手な人は、早く安定感のある彼氏彼女の関係になりたいという焦りから「なんだかいい感じだから自分から告白しよう」などと、前のめりになって結論を出そうとする傾向があります。

焦ると、必死すぎると思われて距離を置かれたり、相手の気持ちを読み誤まって玉砕したりも。恋愛をしたい時こそ、逆に恋愛より大事なことを見つけ、自分に自信を持つことが大事です。心に余裕が生まれ、相手が動くのを待てるようになりますよ。

⑧ダークカラーの服ばかり着る

着回ししやすいからと、黒やグレーなど暗い色合いの服ばかり選んでいませんか? ダークカラーの服は顔色や表情が沈んで見えやすいだけでなく、親しみにくく近寄りがたい印象を与えてしまいがちです。

www.pexels.com

ダークカラーの服が好き、自分に似合うから着ているという人も、時には気分を変えて明るい色の服を着てみましょう。明るい色の服はただ着るだけで顔色や表情を生き生きと見せ、明るくポジティブな印象を与えます。

いつも暗い色の服ばかり着ている人は、明るい色を着るだけで「印象が変わったね」と言われるはずですよ。男性は明るくて幸福感のある女性に惹かれるものです。まずはキレイ色の服を新調し、恋愛運を高めましょう。

⑨理不尽な扱いを我慢する

急に音信不通になったり約束をすっぽかされたりなど、男性から失礼で理不尽な扱いをされても、好きだからつい許してしまうということはないでしょうか。

どんな仕打ちをされても我慢する女性は、「雑に扱ってもいい存在」とみなされてしまいます。浮気されたりだまされたりなど不幸な恋愛から卒業するために、理不尽な扱いに耐えるのをやめ、毅然とノーを言いましょう。

⑩「イイ彼女」幻想にとらわれる

「浮気されてもどんと構えているのがいい彼女」「連絡もなしに放置されても文句を言わないのがいい彼女」など、いい彼女はこうあるべきという幻想にとらわれ、なんでも受け入れてしまう女性は少なくありません。

彼氏にどんな仕打ちをされても許す女性は、いい彼女でもなんでもなく、単なる都合のいい女性に過ぎません。良い恋愛をするために、見当外れな我慢はやめ、自分の意思をはっきり相手に伝えるよう心がけてください。

後ろ向き思考を変えれば素敵な恋愛が訪れる

いかがでしたか?ネガティブな思考がクセになっていると、うまくいかない恋愛ばかり引き寄せてしまいます。一度考え方のクセやライフスタイルを見直してみて、素敵な恋をつかんでくださいね。

www.pexels.com
記事に関するお問い合わせ