無料の会員登録をすると
お気に入りができます

パターンを覚えれば片付け上手に!場所別に見る「プロの収納術&おすすめグッズの使い方」

インテリア

扉を閉めてしまえば見た目もスッキリ。こんなに手が届きやすい便利な場所を生かさない手はありません。

扉裏を活かすにはマグネットプレートの活用がおすすめです。

100円均一で販売しているマグネットプレートを使えば扉裏にクリップで書類を挟んだりマグネット式の収納ポケットを貼り付けたりもできます。

また、粘着式のフックを使用すればアクセサリーを絡まず収納できたり、掃除用具を引っ掛け収納にしたりできますね。

また、タオルラックを使うのもおすすめです。

お客様用スリッパを引っ掛けたり、ゴミ袋のストック収納にも使うことができます。

4.大空間収納(押し入れ、納戸など)

最後に、棚などがない大空間収納の使い方です。

押し入れや納戸など、空間が広い故に使いにくい、ということもありますよね。そんな時には収納棚や引き出しを作って使いやすくしましょう。

例えばディアウォールなどを使ってDIYで丈夫な棚を作ったり、スチールラックやカラーボックスを置くだけでもモノを収納しやすくなります。大切なのは空間に棚を作ってあげることです。

引き出し式がよければ衣装ケースを積み重ねて使うのもおすすめです。また、押し入れラックを使ってコの字型の棚を作るのも良いですね。

いかがでしたか?お家の空間の使い方はたくさんあるように思いますが、4つの基本パターンを覚えてしまえばそんなに難しい技術は必要ありません。

皆様の参考になれば幸いです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ