無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1時間に1回でOK「立ち上がるだけダイエット」で運動不足解消!

ライフスタイル

どうして立ち上がるだけでやせるの?

運動不足ではあるけれど、正直、体を動かすなんておっくう……。そんな人でも大丈夫。普段の“立ち上がる”という動作が、ジム通いをするよりもダイエットに効果的な運動になるんです。さっそくそのメリットを知っておきましょう!

抗重力筋が鍛えられ消費カロリーUP!

立ち上がったり立ち姿勢を保つだけで、重力に逆らう抗重力筋が総動員。効率的に筋肉が鍛えられるので、エネルギー消費量もUP!

血流がよくなり冷えやむくみを改善

立つことで上方へ移動した心臓へ血液を戻すべく、循環機能がフル稼働し血流を促進。また、脚のポンプ作用が働くので、むくみ改善にも役立ちます。

体内酸素量を増やして脂肪燃焼をサポート

肺が大きく広がるため、座ったときの姿勢に比べると1分間に換気できる量が約2割も上昇。酸素がゆき渡って代謝がスムーズになるので、脂肪燃焼効率も高まります。

1時間に1回ゆっくり立ち上がるだけでOK

重力に逆らわないダラダラ生活は、抗重力筋をあっという間に衰えさせてしまいます。

「筋肉は寝たきりだと1日に1%も低下します。特に、抗重力筋は落ちやすい筋肉なため、こまめに立ち上がる習慣をつけておくことが大切。目安は最低でも1時間に1回は立ち上がること。長時間座りっぱなしでいると、筋肉が硬直し、血流の悪化の原因につながります。5秒くらいかけて立ち上がり、ゆっくり座るのがポイント。こうして反動をつけず動いたほうが筋肉への刺激が大きくなるんです。また、立ち上がったついでに深呼吸や伸びをするだけでも、筋肉の緊張がほぐれるので、体全体のメンテナンスに◎」(山田先生)

テレビやエアコンなどのリモコンは使わない

操作はすべて本体で。もし、本体操作のできないエアコンなら、リモコンを手もとに置かないなどの工夫を。

シャワーを浴びるときは立ったままで

顔、体、頭など、パーツを洗うたびに湯船につかるようにすれば、それだけ立ち上がる回数をかせげます。

テレビを見ているとき、CM中は立つ

つい長時間座りっぱなしになってしまうテレビ。CM中に立って遠くを見るだけで、目の疲れも改善します。

これら以外にも、それぞれの生活スタイルに合わせて、1時間に1回立つ方法を考えてみてはいかがでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ