無料の会員登録をすると
お気に入りができます

小技を効かせて錯覚を狙え♡”小顔”に見える魔法のヘアスタイル4選

女性の永遠のテーマ「小顔」。メイクやマッサージで頑張るのもいいけれど、"小顔に見えるヘアスタイル"で錯覚小顔を狙うのが手っ取り早いかも。カットの仕方やセット方法次第で小顔に見えちゃう、魔法のヘアスタイルを作る小技を紹介します♡

ヘアスタイル

小顔に見える魔法のヘアスタイル4選

ヘアスタイルを決める時に頭の片隅に絶対あるのが「小顔に見えること」。できるだけ顔が小さく見えるヘアスタイルにしたい!と思っている人も少なくないはず。小顔に見える魔法のヘアスタイルを作るポイントを教えます♪

①フェイスラインを隠す【サイド残しヘア】

まずは、サイドのヘアをあえて残してフェイスラインを隠すヘアスタイルから。フェイスラインをしっかり出すよりも、隠すのが小顔への近道。ちょろっと髪があるだけで見え方は全然違ってきますよ。

ショートヘアの人は髪が短い分、顔が大きく見えやすい。サイドのヘアを出してフェイスラインを隠したら小顔効果が抜群です。ここの毛を残すことを想定してカットしてもらうとスムーズですよ。サイドは少し長めに残してもらうのがポイントです。

前髪なしヘアの人は、なおさらサイドの髪が重要。センター分け前髪は顔がのっぺりと見えやすいので、サイドのヘアでフェイスラインを隠してのっぺり顔を回避して。フェイスラインを隠しつつ後ろの髪は耳にかけると抜け感GOOD。

まとめ髪にした時も、サイドの髪を残すことは忘れずに。髪を全てまとめると、スッキリはしますが顔の存在感が強めで、小顔とは程遠いかも。多少目にかかってうざったいと思っても、一度全て髪をまとめたスタイルをしてみるとサイドヘアの大切が身に染みます。

②錯覚で小顔を狙う【目の上ギリギリバング】

小顔に見せる前髪にもチャレンジしてみて。オン眉もトレンドですが、目の上ギリギリバングの方がデカ目効果があって、必然的に小顔にも見えるんです。前髪を作るときは、目の上ギリギリがポイントですよ。

重めの目の上ギリギリバングは、かなり小顔が狙える必勝パターン。ただ重いだけでは手抜きヘアに見えてしまうので、パーマをかけたり毛先を遊ばせて抜け感を出してくださいね。目の上ギリギリで巻いた前髪もクルンと感がかわいいですよ。

ロングヘアの人は、目の上ギリギリ前髪の方がバランスが取りやすいなんてことも。ガッツリ厚い前髪を作らずとも、シースルーバングでもしっかり効果は発揮されますよ。メリハリを出すためにもサイドのヘアは耳にかけて差をつけると、より小顔に。

切りっぱなし前髪も目の上ギリギリがGOOD。オイルやワックスで束感を出して、おでこがチラッと見えるくらいのボリューム感がベストです。目の上ギリギリバングは伸びたらすぐ目にかかってしまうのでケアが大変ですが、それでもやっぱり小顔の誘惑には勝てません♡

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ