無料の会員登録をすると
お気に入りができます

翌日に疲れを残さず快眠できる5つのポイント「睡眠五感」とは?

睡眠に大切なのは「量」と「質」。でも、とくに「質」の部分に関しては、なかなか自分でどうするべきかわからないもの。睡眠コンサルタントの友野なお先生によると、睡眠の質にお悩みなら「睡眠五感」を意識すべきとのこと。いったいどんな方法なのでしょうか?

友野 なお

ライフスタイル

心と脳をおやすみモードに!

「ぐっすり眠るには何をどうしたらいいの!?」と悩み続けている睡眠難民の人々、肌トラブルや便秘、イライラ、体重増加などさまざまな不定愁訴に悩まされていませんか? 「いい眠り」には睡眠の「量(時間)」と「質(熟眠感)」の両方が欠かせません。量に関してはスケジュールの組み方や意識で確保できるよう努力する必要がありますが、質に関しては「睡眠五感」からアプローチして向上させることができるので、睡眠に悩む方はすぐにでも取り入れるべきです。五感を通じて体、心、脳をおやすみモードに切り替えるテクニックをご紹介しましょう。

睡眠五感1「視覚:光・色」

就寝1時間前になったら、やや暗めで暖色系の照明に切り替えてください。そして、パソコンやテレビの電源はオフにすること。さらに、スマートフォンは極力見ないように心がけ、強く明るい光が目に入る行為はすべて避けるようにしましょう。また、赤や黒などコントラストの強い色は体を緊張させリラックスを遠ざけるので、カーテンや掛けふとんカバーなど寝室内で大きな面積を占めるものに関しては薄いピンクやグリーン、ブルーなどパステルカラーものを用いたほうがベターです。

睡眠五感2「嗅覚:香り」

香りの作用は科学的にも証明されてきており、リラックスできない人ほどぜひ活用すべき。ラベンダーやイランイラン、ベルガモット、ヒノキなどおやすみ支度にぴったりの香りは色々とありますが、大前提として自分が好きな香りであることが重要です。苦手な香りでは交感神経が優位になって眠気がどんどん遠ざかってしまいますから逆効果。ロールオンタイプのものを手首やデコルテにつけたり、精油をティッシュやお湯を加えたマグカップに数滴たらしたりするだけでいいので、とても簡単に取り入れられます。

睡眠五感3「聴覚:音」

就寝時には図書館並みの静けさが必要であることがわかっています。しかし、就寝前はリラックスできる音楽を活用して気持ちを落ち着かせましょう。クラシック、特にモーツァルトやヒーリング音楽はおすすめです。就寝時にも音が欲しいという場合は、就寝後1時間で切れるようにタイマーをセットするようにしてくださいね。

睡眠五感4「温熱感覚:寝室内の温湿度」

日本には4つの四季があるので、暑い夏でも寒い冬でも快適に眠れるよう、寝室内の温湿度管理は欠かすことができません。1年を通じて温度は19℃~27℃程度、湿度は60%前後になるようコントロールしましょう。温湿度計をベッドの高さに設置しておくと管理がしやすくなります。寝室内の適切な温湿度管理と正しい寝具の使用で、寝床内の気候が快適に保たれ、「朝までぐっすり」が叶うのです。

睡眠五感5「触覚:肌触り・着心地」

言い古されていることではありますが、熟睡するためにはいかに「おやすみのタイミングでリラックスできているか」が鍵になります。そのためにはやはり着心地のいいパジャマや触り心地のいい寝具の存在がマストです。パジャマだけでもコットンやシルク、ガーゼなどおすすめの素材はいくつもありますが、まずは自分が「これ気持ちいい!」と思える感覚が大事。季節によっても心地よいと感じる素材は変わるので、シーズン毎に揃えておくのがおすすめです。

五感から睡眠の質を高めれば、今日の疲れやダメージをなかったことにして、さらに明日ガンバるためのエネルギーもしっかりチャージできます。明日は今日よりもっと元気でキレイな自分と出逢うため、今夜から睡眠五感を整えてみませんか?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ