無料の会員登録をすると
お気に入りができます

梅雨シーズンでもヘアスタイルが決まる! 「うねり・ツヤ・まとまり」髪質別スタイリング剤の選び方

ヘアスタイル

自分の髪質に合ったスタイリング剤の選び方

STEP1:スタイリング剤の特徴を知ろう!

スタイリング剤と言っても、各メーカーからさまざまな種類のアイテムがあり、どれを選べばいいのか迷う…という人も多いはず。
まずは、スタイリング剤の種類や特徴について知っておきましょう。

ドラッグストアなどでよく見かけるものといえば、「スプレータイプ」「ジェルタイプ」「ワックスタイプ」「クリームタイプ」「オイルタイプ」「ミルクタイプ」「ムースタイプ」などですね。

それらのアイテムを「スタイリングをセットしたときのキープ力の強弱」と「うるおいやツヤの質感」「束感やまとまり感」のどれに当てはまるか分類してみました。

・ハードスプレー(セットキープ力◎/質感演出△)
・ニュアンススプレー(セットキープ力×/質感演出○)
・ジェル(セットキープ力◎/ぬれ髪風の質感演出◎)
・ワックス(セットキープ力○(アイテムによる)/毛先の束感演出◎)
・クリーム(セットキープ力×/毛先のまとまり、束感演出○)
・オイル(セットキープ力×/毛先のうるおい、ツヤ感演出○)
・ミルク(セットキープ力×/毛先のうるおい、ツヤ感演出○)
・ムース(セット力○(アイテムによる)/髪表面のうるおい、ツヤ感演出◎)

メーカーや成分、質感タイプによって多少の誤差が生じますが、上記のような特徴があります。

STEP2:自分の髪質を分析してみよう

自分の毛の太さやくせの有無、雨の日やセット時の特徴や感じることを思い浮かべてみましょう。

大きく分類すると、
・髪の毛が太いタイプと髪が細いタイプ
・髪がかためタイプと髪の毛がやわらかめタイプ
・うねりやくせがあるタイプもとくせがなく直毛タイプ
・雨が降るとぶわっと広がりやすいタイプと雨が降るとぺたんこになりやすいタイプに分かれます。

STEP3:どんな風に仕上げたいかを決めよう

STEP2で分析した自分の髪を、スタイリングをする際にどのように仕上げたいかを決めましょう。

例えば、
・うねりやくせがあり、雨が降ると広がりやすい髪をヘアアレンジでスッキリまとめたい
・毛が細くやわらかめで、雨が降るとぺたんこになりやすい髪のふんわり感をキープしたい
・痛みやパサつきのある毛先をうるおいとツヤのあるぬれ髪風な髪にしたい
・くせやうねりはないが、髪表面のツヤ、毛先のうるおいなど質感を重視したい
・パーマやカールを生かしてふわっと動きのあるニュアンスキープしたい
など、髪質の特徴と、どんな風にスタイリングを仕上げたいかを明確にしておくことが大切です。

髪の特徴のひとつとして、雨が降ると広がりやすい人は「髪の水分量が少なく、うねりやくせが強くなり広がりやすい傾向にある」、雨が降るとスタイリングキープできずぺたんこになりやすい人は「髪の水分量が多く、湿気によって重みでぺたんとなりやすい傾向」があります。

この髪の水分量や髪質によってスタイリング剤の成分の特徴を組み合わせるとどのタイプのスタイリング剤がいいかがわかりやすくなります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ