無料の会員登録をすると
お気に入りができます

猫は綺麗好き!普段から気を付けておきたい3つの事

猫は綺麗好きと言われています。猫と暮らすには綺麗にしておく必要があり、綺麗にすることはとても大切なことなのです。なぜ猫が綺麗好きなのか、また、猫が好きである綺麗な環境にするためには、どのようなことに気をつけたら良いのかについてご紹介します。

ねこにんじゃ

ペット

猫が綺麗好きな4つの理由

猫は1日の多くの時間にグルーミングをしています。そして汚れたトイレには、なかなか入りたがりません。なぜ猫は綺麗好きなのでしょうか?

自分の臭いを消すため

猫が自分の臭いを消そうとするのは、自分についた排泄物の臭いや、汚れからくる臭いなどです。猫は野生で生きている時に狩りをして獲物を捕まえます。その際に、自分の体から臭いがすると、それだけで獲物に気づかれてしまいます。

また、自分を獲物として襲う敵にも気づかれやすくなります。そのため猫はグルーミングをして自分の体を清潔にし、自分についた嫌な臭いがしないようにして綺麗にしているのです。

自分以外の臭いを消すため

猫はグルーミングすることで自分自身の臭いを体につけ、自分以外のものの臭いを消しています。

猫の体のいろいろな部分には「臭腺」と呼ばれる臭いを出す部分があります。臭腺が出る体の部分をこすりつけて自分の臭いをつけることで、なわばりの主張をしています。

臭腺があるのは、猫の頬、額の両側、肉球、尻尾の付け根などです。猫は自分自身の臭いで包まれていると安心すると言われています。体に自分自身の臭いがついていない状態だと不安になるため、グルーミングすることで綺麗にして、自分本来の臭いに戻していると考えられます。

病気の予防のため

猫の被毛にはゴミやほこりなどがつきやすく、汚れたままにしておくと皮膚病になることもあります。グルーミングすることで、ゴミやほこりなどを取り除いて綺麗にして、皮膚病になるのを防いでいるということです。

また、飼われている猫は排泄されたトイレよりも、未使用のトイレの方を好んで排泄することがわかっています。これは、トイレの排泄物が手足などにつくことによって寄生虫に感染する、ということを猫は本能的に感じとっているためだと考えられます。

猫が汚れたトイレを嫌うほど綺麗好きというのは、結果として自分の体を守っているということになるでしょう。

自分が快適に過ごすため

綺麗好きな猫にとって体が汚れているということは、猫の動きが制限されることにつながります。目やにがついていれば物が見えにくく不快に感じますし、お尻周りが汚れていれば、臭いがするほか、病気などの原因にもなります。

また、猫のヒゲは大切な感覚器で、狭い隙間を通ったり、暗い中でも安全に動けたりするために常に綺麗にしておく必要があります。猫は前足を舐めることで、舐めた前足でヒゲをなでてヒゲの汚れや、目や耳の汚れをとっています。

感覚器が常に綺麗であることで、猫のあの優雅で俊敏な動きができることにつながるのですね。

綺麗好きな猫が快適に暮らせる3つの環境

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ