無料の会員登録をすると
お気に入りができます

母親に密告…浮気男が泣いた「彼女の怒りの制裁」3選

恋愛・結婚

帰ったら家がない

「LINEから彼女に浮気がバレ、しばらく口を利いてくれない日が続いていました。彼女とは同棲していたんですが、いっこうに機嫌が直らない……。

そんなときです。仕事から帰って来て、キーケースを取り出したら家の鍵がないんです。落としたのかな……と思いました。ただ、その日は彼女が休みだったので、開けてくれるだろうとインターホンを鳴らしました。

ところが返事なし。まだ機嫌を損ねてるんだ……と思い、とりあえずオートロックだけでも開けてもらおうと、管理人さんの部屋のボタンを押しました。すると、“忘れものですか?”と聞かれた。そして衝撃の事実を告げられた。

なんと、昼間に引っ越し業者が来て、荷物を全部運び出し、引っ越しが完了していると……。そこで理解した。鍵は彼女が抜き取ったんでしょう。すぐに彼女に電話したけど、出ない……。

その日は近くの公園で朝を迎えました。翌日はなんとか友だちの家に泊めてもらいました。そして三日後、ようやく彼女から連絡が来ました。泣きました……」タカ(仮名)/29歳

待ち合わせ場所に母親が

「飲み会に参加したとき、女の子と仲良くなって、つい浮気をしてしまいました。その子と、何回か会っていたんですね。で、ある待ち合わせのときです。

駅を出た交番の近くで待ち合わせだったんだけど、なんとそこに母親がいたんです。偶然だと思いました。ビックリして“何してんの!?”と普通に声を掛けてしまいました。

すると、物陰から彼女が登場。そういうことか……と、すべてを理解しました。全部彼女にバレていたんですね。連絡のやり取りを見られていたんです。で、母親に報告されてしまった……。

近くの店に連れていかれ、母親と彼女にさんざん責め立てられました」タツヤ(仮名)/28歳

鉄拳制裁

「浮気がバレ、なんとか関係を修復しようと一生懸命になっているときでした。連絡をマメにしたり、食事に連れていったり、いろいろやったんだけど、なかなか許してくれなくて……。

しばらくして“やっぱり許せない”と言われました。ただ、“別れるのはイヤ”だとも。するとそこで、彼女が驚きの提案をしました。

“一発殴らせて欲しい”と言うんです。まさかそんな、娘を嫁にやる父親のようなセリフを言うとは……。

俺は“分かった”と。女性が殴ると言っても、平手だろうし、堪えられるだろうとたかをくくっていました。そして彼女の前に膝をつき、高さを合わせ、身構えた……。

ところがです。平手が飛んでくると思ったら、モロ拳。それがアゴにパカンとヒット。脳が揺れ、一瞬意識を失ってしまいました。目を開けると、床に突っ伏していた。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ