無料の会員登録をすると
お気に入りができます

狭くてもちょっとの工夫で広々空間に!レイアウト・家具選びの3カ条

インテリア

お部屋が狭くて片付かない、すぐに散らかってしまいイライラしてしまう……そんなことはありませんか。もしかするとそのお悩み、インテリアを工夫すると解決するかもしれません。今回は、広々とした空間をつくるためのレイアウトや家具選びのポイントをご紹介します。

こちらのお部屋のように、ライトトーンの色合いでまとめ、なおかつ家具をベースカラーに合わせ壁側に寄せると、小さなお部屋も広々とした印象を与えます。

背の高いキャビネットが柱の陰に隠れるようレイアウトされているのも、参考にしたいテクニック。縦長の間取りを上手に使い広々と見えるインテリアを実現しています。

広さの印象はインテリアで変えられる

限られた空間でも、インテリアの工夫次第で広さを感じられるもの。狭くて暮らしにくいから広いお部屋に引っ越したい……そう思ったら、まずインテリアを見直してみるのもひとつの方法です。ぜひ、レイアウトと家具選びを工夫して広々とした空間をつくってみてくださいね。

photo / goodroomjournal

<監修・記事執筆>

伊野 奈緒美
文部科学省後援 リビングスタイリスト1級 取得
カラーコーディネーター2級
リフォームスタイリスト3級

https://naomi-spring.com/
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ