無料の会員登録をすると
お気に入りができます

甘えベタ女子必見!彼の心をわしづかみにできる「甘えテクニック」7選

年齢を重ね彼とも長く付き合っているといつの間にか甘えることができなくなってしまった、なんて方も多いのではないのでしょうか? 今回は、彼に上手に甘えるテクニックをシュチュエーションを踏まえながらご紹介したいと思います。

2018年9月
恋愛・結婚

可愛く甘えてみたいけど、今さら…ね

彼と付き合って長くなると、昔みたいに甘えることに躊躇してしまうという方も多いのでは?可愛く甘えてみたいけど今さら感があるし、彼に邪険にされるかもと思うと行動に移すのは勇気がいるもの。

また、あまり彼に頼りすぎて「ワガママな女」というレッテルを貼られたくないがために、自分で何でも物事を解決してしまっている女性も。今回は、そんな甘えるのが得意な人がやっている甘え上手テクニックをご紹介します!

甘えたくても甘えられないのはナゼ?

甘え方を忘れている

「付き合いたての頃は自然に彼に甘えていたのに、最近は全然だなぁ」という方は、自分でも甘え方を忘れている可能性があります。年齢とともに責任を伴う仕事を任されるようになると、だんだん人に甘えられなくなってきますよね。

また、後輩の面倒を見ていたりすると、職場でますます誰にも甘えられない状態に。あなたの「たまには甘えたい…!」という抑え込まれた欲求は、プライベートで解放してあげることが大切です。

「甘えること=ワガママ」ではない!?

彼に甘えると迷惑をかけるのでは?と思っている女性も多いかもしれませんが、甘えるのは「○○できないからやってー!」というような自分勝手でワガママなイメージを持っていませんか?

これはズバリ子ども特有の甘え方であって、大人の甘え方とは一味違います。恋愛に上手く取り入れる甘え方とは「あなたを信頼していますよ」という気持ちを相手に伝えることです。

甘えベタな女性は彼に迷惑をかけるのを悪いと思って自分で何でもしがちですが、あまりやりすぎると一緒にいる彼は「自分が必要ないのでは」と寂しい気持ちにさせてしまっているかもしれません。

人は誰しも誰かのために何かをやってあげたいし、自分を信頼してくれる人のそばにいたいもの。甘えベタの方は、まずテクニックの前に自分の気持ちに正直になって、些細なことから彼にお願い事をしてみると彼もきっと喜ぶはずですよ。

彼が惚れ直す♡甘え上手な女性が使うテクニック

1. 感情は素直に出す

彼に「今日何かあった?顔色悪いよ」と聞かれた時、本当は辛い出来事があったのに「全然大丈夫!」と反射的に答えてしまっていませんか?日頃から自分に厳しい人は、特にそういう反応をしてしまいがちですよね。