無料の会員登録をすると
お気に入りができます

家庭で始める節電 ~生活に欠かせない編~ [スマホ・パソコン・お風呂・トイレ]

毎日使っている物や場所で、節電できるポイントがあることをご存じですか?今回は生活に欠かせないスマホやパソコン、毎日使うお風呂やトイレでの節電方法を解説します。

2018年9月
ライフスタイル

節電って具体的に何をするの?

生活費を見直して節約をしたい方や、環境のためにと思う方、そして非常時などに節電を考える人もいるでしょう。でも「節電したい」とは思っても、具体的に何をどうすれば良いのか分からない、なんてことはありませんか?

そこで、今すぐ家庭で始められる節電の方法についてご紹介します。今回は生活で欠かせないアイテムとなっているスマホやパソコンの節電対策、また毎日使うお風呂やトイレでの節電術をご紹介します。

スマホ

通知をOFFにする

スマホの充電回数を減らせば、使う電気量も減りますよね。そのため、なるべくバッテリーを減らさない使い方を心得ましょう。

Photo by Stephen Frank / Unsplash

実はロック画面に通知が表示されるだけでも、スマホのバッテリーは減っています。不要な通知設定はOFFにしましょう。

Wi-FiやBluetoothを切る

使っていない時にWi-FiやBluetoothをオンにしていれば、それも切りましょう。オンのままだと、やはり余分なバッテリーを消費してしまいます。

定期的にアプリを削除

スマホの画面を見て、もう使っていないアプリはありませんか?通知などでバッテリーを消費してしまうので、定期的に見直してアプリを削除するのもおすすめです。

画面を暗くする

Photo by Kevin Bhagat / Unsplash

画面を暗くすると、スマホのバッテリー残量が減るスピードが遅くなり、充電するまで長持ちさせられます。自動的に明るさが調整される設定から、手動で明るさを調節できる設定に変えましょう。

低電力or省電力モードに設定

スマホの消費バッテリーを抑えてくれる機能として、iPhoneなら低電力モード、Androidなら省電力モードという設定があります。

Photo by Rahul Chakraborty / Unsplash

通知を控えたり、画面の明るさの調節、画面が暗くなるまでの時間の短縮などを自動的に行ってくれるので、非常に便利な機能です。

記事に関するお問い合わせ