無料の会員登録をすると
お気に入りができます

生まれ年別に分かる![2021年下半期の金運]「一番お金に愛されている」のは誰?

占い

恋愛運や仕事運など様々な運気がありますが、そのなかでも生活に直結しやすいのは金運かもしれませんね。なんだかんだいってお金があるとテンションは上がるもの。そこで今回は、生まれ年に紐づく干支別に「2021年下半期の金運」をランキング形式でご紹介します。12位から1位まで順に見ていきましょう。

6位 いのしし年生まれ

あれやこれやと細かな出費がかさみやすい時期ではありますが、それに見合った十分な収入を得るチャンスもありそうです。

お仕事から得られる収入が増加する可能性も高い時期です。ただし、ギャンブル要素のある投資は控えましょう。堅実に金銭を手にするタイミングなので物事は慎重に進めてください。

5位 とら年生まれ

自分が対象になっているキャンペーンなど、お得な情報がたくさん舞い込んでくるタイミングです。普段使っているサービスをお得に利用できるチャンスもあるかもしれません。

この時期はアンテナを張って情報収集することが、そのまま金運の上昇に直結しそう。株主優待などにも興味を広げてみるとよいでしょう。

4位 とり年生まれ

秋から冬にかけて、特に金銭的な運気がよくなりそうな気配です。その時期になると収入の運気も買い物の運気もよくなるでしょう。

大きな買い物を考えているなら、9~10月まで待ってみるとよいかも。秋からは収入源が増加する可能性もあります。夏にそのための種まきをするのもよいでしょう。

3位 たつ年生まれ

金銭的な運気は急上昇しています。必要なお金が回りやすくなる時期といえます。

必要不可欠なお金を計算するよりも、お金があった場合の使い道を考えるようにしましょう。気持ちを大きく持って、心の豊かさを広げることでこの下半期の金運が一気に上昇するはず。自分を磨くための出費は惜しまないでください。

2位 うし年生まれ

総合的に金運が安定し、特に不安なく過ごすことができそう。

そんな下半期は、リラックスタイムを充実させるためのグッズにお金を遣うようにしてみて。そうやって体力を回復させ明日への活力を養うことで、さらなる金運の向上が望めます。健康管理に関する出費もコスパのよい投資といえるでしょう。

1位 さる年生まれ

さる年生まれのあなたは、経済的に潤う可能性が高そう。努力の成果としての金銭だけでなく、単なるラッキーによる臨時所得を得るチャンスもあるかもしれません。

また、必要なものを購入せずとも人からもらえたり、これまで必要だったものが不要になるなどして出費も減る可能性が高いでしょう。

五十六謀星もっちぃ
10代の頃から占い一筋に生きる職業占い師。
占い師や、占い師になりたい人向けのオンラインサロンを運営。
著書『1日2時間で月10万円 はじめよう 電話占い師』(同文舘出版)
公式HP:https://motty56.com/

https://motty56.com/
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ