無料の会員登録をすると
お気に入りができます

淡路島で瀕死の状態だったカジくん 新天地・京都で、着物レンタル店の人気看板犬に!

京都の着物レンタル店の看板犬・カジくん。京都生まれ・京都育ち……というわけではなく、もともと淡路島で保護された柴犬の男のコ。新しい家族と出会い、看板犬として仕事をこなすカジくんの「いま」を紹介します。

ペット
Shiba.Kaji on Instagram: “ちょっとだけよ〜あんたも好きね〜❤️ #プリケツアングル #雨の日の特別サービス #袋とじいけるかな #柴犬カジくん  #柴犬  #カジくん  #うるわしき  #保護犬 #京都  #伏見稲荷大社  #着物レンタル  #kyoto  #shibainu  #kaji…”
instagram.com

京都の着物レンタル店「うるわしき」の看板犬・カジくん。お客さんからも評判の人気犬です♪

「うるわしき」

カジくんは京都生まれ・京都育ち……というわけではなく、もともと淡路島で保護された柴犬の男のコ。

Shiba.Kaji on Instagram: “里親さんが淡路島まで迎えに来てくれました⭐︎京都に向かうんだ〜  I'm going home with my new mom and dad! All the way from Awaji island to Kyoto! Such a long drive to me!…”
instagram.com

2017年夏のことです。道路の真ん中で瀕死の状態で痩せこけていたカジくんは、車が横を通っても動こうとしなかったそう。足の肉球が割れていて、とても歩ける状態ではなかったのです。

いつ車に轢かれてもおかしくない状況だったけれど、幸運なことに、偶然横を通りかかった動物保護団体の方に助けてもらったのでした。

インターネットの里親募集でカジくんを見つけ、不思議な縁を感じた

Shiba.Kaji on Instagram: “This is me and my mom. She runs a kimono rental shop in Kyoto.  この方は僕のママです。京都で着物レンタルショップをやってるよ。  #僕は着物は舐めてはいけない命令ある #舐めたら怒られる #でも着物好き  #柴犬…”
instagram.com

そのカジくんを里親募集サイトで見つけたのが、いまの飼い主の増田さん。

「インターネット上で里親募集の記事を見た私は、不思議な縁を感じて、いてもたってもいられず、淡路島に会いに行ったんです」

京都から淡路島まで向かった増田さん。はじめてカジくんに会うと、前足をあげてすっかり歓迎ムード!

相性が良いと判断してもらい、その場で家族になることが決定したそうです。

Instagram post by Shiba.Kaji • Oct 27, 2017 at 5:23pm UTC
instagram.com

「こうしてカジは私たちの家族になり、京都のカジになりました。物をかじるのが好きで、よくカジカジしているので、保護して預かりをしてくれていた山本さんが『カジ』という名前をつけてくれました。

私たちも命の恩人の山本さんに感謝の意を込めて、そのまま『カジ』と呼んでいます」

着物レンタル店で看板犬に 海外のお客さんからも大反響!

Shiba.Kaji on Instagram: “みんなもうもみじ狩りはしたかな?カジはもみじ饅頭の方が好きです。 Have you enjoyed red leaves?  #ママがそろそろ朝の散歩辛いって #それでも早く起きて #散歩コースはしょらないでね  #柴犬カジくん  #柴犬  #カジくん  #うるわしき  #京都…”
instagram.com

散歩とボール遊びが大好きで、元気いっぱいやんちゃなカジくん。人に対してはとっても穏やかで、誰が撫でてもおとなしくしているお利口なカジくんは、増田さんが営む着物レンタル店で看板犬をすることに。

すると、すっかり人気犬に!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ