無料の会員登録をすると
お気に入りができます

一人暮らしさんのお部屋を拝見。おしゃれな家具の配置がわかるアイデア実例

インテリア

正方形の部屋には家具がたくさん配置されていますが、どれも背が低く広く見えるインテリアばかりです。

本やお皿を置くときに必要な奥行きは22㎝程度。収納するサイズにピタリと合うものを選ぶと一人暮らしでも狭くなりません。

実例では真ん中に家具を置いて仕切りにしています。一般的に壁伝いに配置すると広くなりますが、仕切りとしておしゃれな目隠しにもなりますよ。

家具は白を基調にして配置

全体的に白を基調にして低い家具でまとめたので、ゆったりとしていますね。座椅子は一人暮らしに適したアイテム。

イエローを差し込んだのでインテリアにメリハリが出ていますね。ソファの代わりなのでおしゃれなデザインにこだわりましょう。

一人暮らしのワークスペースは自然光が入る場所が理想的。実例では6畳から8畳の広さのある部屋の窓側に配置しています。

家具を5畳の部屋の配置

1LDK以上の部屋によくある5畳の寝室です。生活エリアは他にあるので、一人暮らしの住まいでもホテルライクにベッドを真ん中に配置することも可能。

そんなときは実例のように面積は取らずに、高さのあるインテリアを選びましょう。

おしゃれな見た目の家具を選び、入り口近くに置くと部屋が広々とします。グリーンは一人暮らしにおいても癒しの存在として活用したいですね。

家具はアイアンを配置

こちらは1LDKの8畳のリビング。インテリアにラインの美しいアイアンを選ぶと開放的な部屋になります。

実例にあるテレビ横の飾り棚はもともとはベンチで、グリーンが配置されている棚はハンガーラックだと思われます。

1つで使い方を転用できるアイテムは一人暮らしの強い味方ですね。

ドライフラワーを壁に飾り、縦方向を活用すると一人暮らしでもさみしい印象になりません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ