無料の会員登録をすると
お気に入りができます

愛が冷めない♡彼や夫と末永くラブラブでいるための心がけ

大好きな彼氏や旦那様とはいつまでもラブラブでいたいですね。でも、付き合いが長くなると、お互いワガママが出やすくなったり緊張感がなくなったりしがちです。結果、他の女性に目移りされてしまうことも。今回は、愛をいつまでもホットに保つための心がけをご紹介します。

2018年10月
恋愛・結婚

愛を保つには日々の心がけが大切

彼氏や旦那様といつまでもラブラブでいたいという思いは、全ての女性の願いです。愛を冷めさせないためには日々の心がけが大切です。大好きな人といつまでもラブラブでいるために気をつけたいことをご紹介します。

「ありがとう」を忘れない

付き合いはじめのうちは小さなことでも「ありがとう」を言うように心がけていたはず。でも、関係が安定してくるにつれ気が緩み、彼があなたのためにしてくれることを当たり前のことと受け止めてしまいがちです。

ステディな関係に安心し、「彼氏(夫)だからやってくれて当然」という態度になっていないでしょうか。「ありがとう」はお互いの心をほっこりさせ、慈しみあうことの大切さを改めて教えてくれるマジックワードです。

相手の家族や友人も大事にする

「彼の家族や友人と付き合うのは面倒くさい」と思ってはいませんか?彼の家族や友人はあなたにとって「大切な人の大切な人たち」。彼らを大事にすることで、彼を喜ばせることができることを忘れないでください。

彼本人だけでなく家族や友人たちとの付き合いも大切にすることで、彼という男性を多面的に知ることができます。彼の人生により深くコミットすることで、二人の絆もより一層強まります。

終わったことは蒸し返さない

女性は過去の出来事を繰り返し持ち出す傾向があります。一度は決着がついたことでも、ケンカの時などに「あの時も~」と蒸し返して彼を責めた経験は誰にでもあるはず。一方男性は、女性のように過去にこだわりません。

もう終わったと思っていることを蒸し返されると、彼は「またその話か!」とうんざりしてしまいます。無駄なケンカをしないためにも、過去の出来事はすっぱり割り切り、蒸し返さないように努めましょう。

「察して」はNG!言葉で伝えよう

女性は自分がどう感じているかを言葉ではなく態度でわかってもらおうとする傾向もあります。たとえば気を悪くしたときなどに、「何でもない」と言いつつツンツンした態度をとってしまった経験はありませんか?

ツンツンするのは「私は不機嫌なの!」というアピールですが、男性は女性の気持ちを察するのがとても苦手。「一体何を怒っているんだろう」と彼を戸惑わせることになります。

彼との仲を良好に保つには、彼になるべくストレスを感じさせないことが重要です。自分の機嫌で彼を振り回す面倒くさい女性は、いずれは嫌われてしまいます。「察してちゃん」を卒業し、きちんと言葉で伝えましょう。

女性らしい見た目を保つ

人は楽なほうへ流れる生き物。交際開始時は身だしなみに気合いを入れていても、付き合いが長くなるにつれ手抜きをしがちです。ぼさぼさ頭やすっぴん、だらしない部屋着などを見られても平気になってきたら要注意です。

いつまでも彼女(妻)として大切にされたいなら、男性が大切にしたくなるような女性でいましょう。魅力的でありたいという努力を続けていれば、いくつになっても彼をドキドキさせることができますよ。

彼への敬意を言葉や態度で表す

彼に対する気持ちには、ただ好きなだけでなく、「この人のこういうところが素敵だな」「こういうところが立派だな」という尊敬の気持ちもあるはず。尊敬の気持ちは言葉や態度で彼にきちんと伝えましょう。

彼への敬意を言葉や態度で表すことこそが、「男を立てる」ということです。そうすることで、彼はいっそう男らしくあろうとします。良き彼氏(夫)になろうと努力し、あなたをいつまでも大事にしてくれるでしょう。

「好き」と伝える

彼氏や夫に愛情表現するのは恥ずかしいという女性は少なくありません。でも、せっかく愛し合っているのですから、もっと気持ちを伝えてみませんか。愛する女性からの「好き」という言葉ほど彼を喜ばせるものはありません。

気持ちを言葉で伝えることには、愛を再確認できるという効果があります。「好き」という言葉は、何度口にしてもその価値が下がることはないのです。日常のふとしたシーンで、どんどん「好き」を伝えましょう。

お互いを慈しみあうことで末永く幸せに

いかがでしたか? 彼や旦那様といつまでもラブラブでいる鍵は、日常の心がけの中にあります。お互いの存在に日々感謝し、一緒にいられる喜びを大切にしてくださいね。

記事に関するお問い合わせ