無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[中秋の名月]1年でいちばん美しい月を楽しもう!展望台の観月会やムーンヨガ、夜空を泳ぐペンギンも

旅行・おでかけ

2018年の中秋の名月は9月24日(月)。今回は、星や宇宙に関する書籍の執筆、監修に加え、「コスモプラネタリウム渋谷」で解説員を務めている永田美絵さんに、中秋の名月の歴史や楽しみ方について教えてもらいました。また、東京タワーや六本木ヒルズ、サンシャイン水族館など東京都心で開催されるお月見イベントもご紹介。大切な人と一緒に、1年でいちばん美しい月を眺めよう。

中秋の名月って?

国立天文台 天文情報センター

お月見は、9月24日(月)と10月21日(日)の両日に

「中秋の名月は、旧暦8月15日の行事です。日本の昔の暦では、秋は7月、8月、9月とし、秋のまんなかの8月が仲秋、さらに8月のまんなかを中秋と呼び、この日に月を眺め秋の収穫を祝う行事として親しまれてきました。旧暦8月15日を今年のカレンダーになおすと9月24日にあたります。

夏よりも秋の満月のほうが夜空高くに上がるため見やすくなり、暑さが和らぎ月を見るのによい季節。中秋の名月は別名「芋名月(いもめいげつ)」とも呼ばれています。すすきや団子を飾りのんびりと月を眺めてみてはいかがでしょうか?

ところで旧暦9月13日を後(のち)の月「十三夜」と呼び、この日も月を眺める行事があります。今年は10月21日が「十三夜」にあたります。中秋の名月を「芋名月」と呼ぶのに対して十三夜は「豆名月(まめめいげつ)」や「栗名月(くりめいげつ)」。その時に収穫される秋の味覚を飾り月を眺めるのもよいですね。中秋の名月と十三夜を両方見ることがよしとされていますので、9月24日だけでなく10月21日も覚えておいておいてくださいね。

忙しい毎日、テレビやスマホでなく月を眺めて過ごすのもたまにはよいもの。心豊かな時間になるのではないでしょうか?」(永田美絵さん)

都内近郊で開催されるお月見イベント

【9月22日(土)~27日(木)】横浜みなとみらい お月見クルーズ

1日20名限定7800円で、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル専用クルーズ船「ル・グラン・ブルー」に乗船して約30分のナイトクルージングへ。ホテル目の前のぷかりさん橋から出航し、お月見の前後には大観覧車や日本丸、赤レンガ倉庫、大さん橋などを巡りながら、みなとみらいの運河を遊覧する。船内は暖冷房・トイレ完備なので、肌寒い夜でも安心。ソファでくつろぎながら、優雅に海上を眺められる。クルーズではワンドリンクサービスもあるので、ビールやワインを片手に波の音を聞きながら、夜空に浮かぶ美しい景色に心奪われて。

お月見クルーズの詳細を見る

【9月24日(月)】コスモプラネタリウム渋谷の特別投影

コスモプラネタリウム渋谷では、9月24日(月)に「MOON & MARS PARTY」(大人600円、小中学生300円)を開催。19時から伝説のプラネタリアン・村松解説員によるお月見特別投影を実施する。また、11時30分から屋上にて太陽観測会、18時からの特別投影「火星開発最前線」では、NASAで働く若き技術者・小野雅裕さんによる火星のお話も。

※太陽観測会は雨天中止

コスモプラネタリウム渋谷の詳細を見る
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ