無料の会員登録をすると
お気に入りができます

明日から変われる!片付け下手なあなたがやるべき10のこと

片付けが苦手だけれど、どうにかして片付け上手になりたい!と常日頃から思っているあなたへ…。片付け上手になるための3ステップを10のポイントに分けて解説します。

2018年9月
ライフスタイル

とにかく片付けが苦手!

片付け上手になりたいけれど、どこから手をつけたら良いのか分からない…。意を決して片付けしたけれど、すぐに元通りに散らかってしまう…。など、とにかく片付けることに苦手意識を持っていませんか?

片付け下手さんが片付け上手になるのには、まずは何から始めれば良いのでしょうか?今回は、片付け下手さんがやるべきことを10個の項目に分けて解説したいと思います。

STEP1 モノを減らす

モノが多いデメリット

片付けが苦手な人の多くが、モノを捨てるのが苦手です。「高かったから」「いつか使うかも」「もったいない」などの理由から、モノを捨てることに罪悪感を感じ、捨てることを躊躇してしまうのです。

でも、モノが多いと収納するスペースを圧迫し、片付けしにくくなります。また、モノが多く散らかっていると、探し物が見つかりにくくなるというデメリットも生まれます。

必要なモノがなかなか見つからないと探し物をするのに無駄な時間を浪費してしまいます。さらに、探し物が見つからずに失くしてしまうと、もう一度似たモノを購入する羽目になり、お金も使ってしまいます。

①モノをすべて取り出して分別

まずは、片付けるスペースを決めて、そこにあるものをすべて取り出します。そして、必要なものと必要でないものに分別します。必要でないものは、捨てるかリサイクルに回して手放して。フリマサイトに出品するのも良いでしょう。

すぐに必要かどうか判別のつかないものは、「とりあえずボックス」を用意してそこにどんどん入れていきます。そのまま数日~1カ月ほど過ごしてみて、やはり必要でないことが分かったら潔く捨てましょう。

②その洋服、いつから着ていない?

洋服は、3年以上着ていないものがあれば、おそらくこの先も着ないでしょう。「いつか着る」と思っていても、流行に合わなかったり体型が変わったりします。冠婚葬祭用など流行りに左右されない服を除き、処分しましょう。

着なくなった洋服を「部屋着用にしよう」と取っておく人もいますが、そのような洋服が何着あるでしょうか?部屋着こそ何着も持っていなくて大丈夫です。

③収集癖からも卒業!

可愛いお菓子の箱や、コーヒーや紅茶の缶、ショップの袋など。いつか何かに使えるかも?と集めていませんか?今まで使ったことのないものは、これからも用途がみつからない可能性が高いです。潔く処分しましょう。

モノを入れたり運んだりするのに、あると便利なショップ袋ですが、たくさん集まりすぎて収納スペースを圧迫していないでしょうか。保管しておく枚数をあらかじめ決めて、増えないように定期的に見直すようにしましょう。

STEP2 散らからない収納

④収納には余裕を持って

日常的に使うものは使いやすい位置に、使用頻度が低いものは奥になど、使う頻度や普段の動線に合わせて「取り出しやすさ・片付けやすさ」にこだわり、よく考えて収納するのが散らからない収納のポイントです。

収納スペースにギュウギュウにモノを詰め込むと取り出しにくく、片付けにくくなるので、収納スペースの7~8割を目安に片付けします。この観点からも、モノを減らすのが重要になります。

⑤収納はシンプルに

例えば、「この段には種類別にモノを並べる」「ここは吊るす収納に」など、凝った収納を目指すことは最初はやめましょう。ひとまずの目的は「部屋を片付けること」です。凝った収納は最初は頑張れても、長続きしにくいものです。

モノを片付けるのに慣れてきて、いつもキレイな部屋をキープできるようになったら、見せる収納など凝った収納にチャレンジするのも良いでしょう。最初はシンプルな収納にするのが一番です。

⑥床に直置きはNG

基本的には、床にモノを直置きするようなことはやめましょう。床にモノを置くのが当たり前になると、どんどんモノが積み重なっていきます。また、見た目的にも美しくありません。

置き場に困っているものがあるのならば、オシャレに見えるかごなどを用意すると良いでしょう。その中に収まる量のものであれば、掃除機をかける時もかごを動かすだけで良いので楽です。

STEP3 キレイな状態をキープ

⑦プチプラでも買わない

最近は100円ショップや300円ショップなど、プチプラで色々なアイテムが揃います。でも、プチプラだからと必要以上にモノを買ったり、気分でイロチ買いしてしまうことはありませんか?

安く手に入れたものは、大事に扱う感情が生まれにくい側面があるのも事実。プチプラでも本当に必要でないものは買わないようにしましょう。

⑧1つ買ったら1つ手放す

断捨離が出来たら、それ以上家にモノを増やしたくないですよね。だからといって、ずーっと何もモノを買わずにいるのも不可能です。そこで「1つモノを買ったら、何か1つモノを手放す」という簡単なルールを作りましょう。

例えば、欲しい靴があったら、いらない靴を1足手放す。欲しいメイク用品があっても、1つ使い切るまで我慢する。など、モノを増やさないように心がけるだけで、モノが少ない暮らしをキープできます。

⑨毎日のこそうじ習慣

汚れやすい場所(トイレ、お風呂、洗面所などの水回りや玄関など)は、毎日少しの時間でも良いので、必ず掃除をして汚れを溜めないようにしましょう。一度汚れが付着すると落ちにくくなり、掃除をするのが億劫になります。

例えば、「顔を洗ったついでに水垢を拭く」「仕事に出かける前の3分間で玄関の掃き掃除をする」など、短時間で出来る掃除の習慣を身につけると、ルーティン化して掃除忘れも防げます。毎日ピカピカだと気持ちも良いですよね。

⑩人を招こう

どうしても、自分しか家にいないと思うと甘えが出てしまい、「ちょっとくらい片付いてなくてもいいや…」という気持ちが生まれてしまいます。定期的に来客があると片付けへのモチベーションがアップします。

また、いつもキレイに片付けしてあると、約束のしていない突然の来客にも対応できます。友達や彼に「いつ行っても家がキレイ♡」という印象を抱かれたら嬉しいものですよね。

明日からは片付け上手な私に♡

いかがでしたか?思い立ったらすぐに片付けを始めましょう。まずはSTEP1のモノを減らすことからです。明日からは片付け上手な私へのスタートを切りましょう♡

押入れ 劇的Before→After!「捨てられない女」から脱出する方法

「捨てられない女」と聞いて、耳が痛い…という人も多いはず。「いつかまた使うはず」「思い出があるから…」と、なかなかモノを捨てられない皆さんをお助けするこの企画。収納のプロが、モノで溢れかえった読者宅の押入れを劇的に改善します。衝撃的なBEFORE→ AFTERのリアルドキュメントのスタートです!
9950
記事に関するお問い合わせ