無料の会員登録をすると
お気に入りができます

スマホが子供に与える5つの悪影響を紹介!親子で上手く活用しよう!

子育て

子供にスマホを与えることで便利な一面もありますが、少なからず悪影響が出るのではと不安に感じる親も多いでしょう。スマホが子供に与える悪影響を理解した上で上手に活用できるように、当記事では過度なスマホ使用の危険性や子供に持たせる悪影響などを解説します。

WHOも過度な子供のスマホ使用に警告

WHOは子供が過度にスマホを使用することに対して危惧し、ガイドラインを作りました。そのガイドラインには「1歳児には画面を見せてはいけない」「2歳〜4歳の用事は1時間以上の使用をやめる」などの内容が記載されています。

多くの親が育児などで子供にスマホを見せているというデータが出ていますが、スマホの使用時間が伸びると脳の発達を妨げ、学習能力に影響を及ぼすとされているのです。使用時間を決めて、長時間スマホを使用しないようにしましょう。

スマホを子供に持たせる5つの悪影響

スマホはコミュニケーションツールや教育ツールとしても活用できます。しかし管理が不十分だとかえって悪影響を及ぼす可能性もあるのです。

子供がスマホを上手に活用できるように、ここでは5つの悪影響を紹介します。

1.目の酷使で視力が低下しやすい

スマホから出るブルーライトにより視力の低下が考えられます。ブルーライトは目にダメージを与えやすく、スマホの小さい画面を長時間見ることで視力は低下しやすくなるのです。

目を酷使しないようにスマホの使用時間を決めるなどの対応が必要になるでしょう。

2.親子間でのコミュニケーションが減少

スマホは親子間のコミュニケーションを減らす要因にもなります。スマホにのめり込んでしまうと親との会話が減り、十分にコミュニケーションを取れない可能性が高まるのです。

3.生活リズムが崩れやすい

スマホを長時間使うと睡眠に影響が出て生活リズムを崩しやすいです。ゲームや友達との連絡が盛り上がると夜更かししてしまい、寝る時間が遅くなる可能性があります。

生活リズムが崩れれば、学校生活などに大きな影響を与えてしまうでしょう。

4.言語の発達に遅れが生じる可能性もある

スマホの使用によって会話が減ると、言語の発達が遅れが生じる可能性があります。子供は親との会話などによって言葉を理解していきますが、スマホに集中し親との会話が減ると言語を学ぶ機会が減ってしまうのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ