無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“昔ながら”を継ぐ、モダン和菓子12選。ギフトにも喜ばれること間違いなし!

グルメ

和菓子の伝統とその技術を生かしつつ、新しい感性を加えた“モダン和菓子”が進化中。見た目も味もとっても斬新!日本茶以外のお茶とも好相性な12品をご紹介します。Hanako特別編集『私が知りたいお茶のこと、すべて。』よりお届け。

1.伝統の技で実現。香り弾ける和のゼリー〈菓游 茜庵(かゆう あかねあん)〉の「ゆうたま」

徳島県の和菓子店が四国産の果実を厳選して作った和のゼリー。ゆず、有機すだち、阿波山桃など、どれも口に含んだ瞬間に果実のみずみずしい風味が弾ける。独特の食感は、寒天を使ってゼリーのような質感を生み出す「錦玉」という和菓子の伝統技法によるもの。透き通るビー玉のような佇まいも上品。7個入り950円。
■088-625-8866

2.和菓子の技とデザインが融合〈菓匠禄兵衛(かしょうろくべえ)〉の「くう」

ポップな見た目と伝統菓子ならではの洗練された味わいを同時に楽しめるドーナツ型の最中は、滋賀県の和菓子店とデザインユニット「トネリコ」によるコラボ商品。こしあん、桜あん、黒ごまなどのあんに合わせて皮も色とりどり。パリパリの皮とつるんとした食感のあんのコンビは軽やかな食べ心地。4個入り1,155円。
■0749-82-2172

3.角砂糖のような、愛らしいひと口サイズ〈風流堂〉の「遊びかん」

島根県松江市の和菓子店が手がけるひと口羊羹は、表面はシャリッ、噛むとしっとりした食感。誕生のきっかけは「和菓子文化の華だった羊羹の人気を復活させたい」という老舗の心意気。黒・黄・桃色のカラーは黒糖、ゆず、隠元豆という和菓子伝統の味に由来する。角砂糖のようにティーカップに添えても素敵。1箱540円。
■0852-21-2344

4.古き良き京菓子を現代版にアレンジ〈吉村和菓子店〉の「焼き鳳瑞 種まき」

〈吉村和菓子店〉は、創業200年以上を誇る京菓子の老舗〈亀屋良長〉が立ち上げた新ブランド。「種まき」は、京都で古くから愛される盆菓子「鳳瑞」の現代版アレンジだ。ココナッツシュガーで泡立てた卵白にそばの実などをのせて焼くため、ふわっとした口どけで、優しい甘みと素材の香ばしさが心地いい。9個入り1,000円。
■075-221-2005

5.甘いだけじゃない、清涼感たっぷりの落雁〈wagashi asobi(ワガシ アソビ)〉の「ハーブのらくがん」

国内外で活動する和菓子職人が生み出した、香料や着色料を使わず、ハーブや果物、抹茶などの素材そのものを練り込んだハーブの落雁。ハイビスカスは程よい甘酸っぱさ、カモミールはリンゴのような優しい香りで、紅茶と一緒に食べるとフレーバーティーのような味わいに。素材由来の色も美しい。1袋4粒入り360円。
■03-3748-3539

6.カラフルな落雁に、天然果汁を詰め込んで〈UCHU wagashi(ウチュウ ワガシ)〉の「mix fruits」

繊細な口どけと黒砂糖をまろやかにしたような風味を持つ落雁。フルーツ落雁は古くから愛される魅力はそのままに、オレンジやキウイなどの天然果汁を使ったゼリーを練り込むことでいままでにない爽やかな風味を生み出した。お茶と果実、和三盆の調和を楽しむなら、抹茶やアールグレイと一緒に。9個入り1,300円。
■075-754-8538

7.愛らしいラムネに宿る、和菓子の心〈大野屋〉の「花尽くし」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ