無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[着飾る恋]女性に共通する「着飾ること」の本当の理由

エンタメ

恋愛・婚活コラムニストのやまとなでし子さんが、TBS火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』を毎週考察&展開予想するコラムです。今の日本人の生き方、価値観に一石を投じてくれそうな本作で、真柴くるみ(川口春奈)と藤野駿(横浜流星)が繰り広げる”うちキュン”はどう展開されるのか!?

真柴の夢だった「バイヤーになること」を実現するきっかけになったのは、あの貝のライトですよね。娘の名前は人生の転機となり、自分の未来を明るく灯してくれた存在である“あのライト=あかり”から取って名づけたのでは? と妄想してしまいました。

そして、羽瀬ちゃんと陽ちゃんの結婚式に参列していた羽瀬ちゃんのお友達。さすがアート系なだけあって、エキセントリックな感じの人が多いという細かい描写も地味にツボりました。

真柴の着飾る理由

(c)TBS

表題にもなっている「着飾る理由」。

「夢を叶えるために、好きな時、好きなように、好きな人と暮らすために」「それにやっぱり会ったら『すてき』って言ってほしい。あなたがその理由」と明らかにしていましたね。

そしてラストではその通りに、大好きな家族と一緒に過ごすことを叶えながら自分の夢を実現させていました。全国行脚しながらネットショップという利点を生かして、好きな場所で好きな仕事をして大好きな家族と過ごすという生き方は、令和らしいヒロイン像でした。

しかし、子どもは2〜3歳くらいに見えたので、駿の旅立ちから1年ちょっとで結婚、妊娠・出産したイメージですかね。

駿のキュンが足りず若干消化不良のラストだったので、ぜひ遠距離恋愛からのプロポーズ、結婚までの“うちキュン”ならぬ“そとキュン”盛りだくさんのスペシャルドラマをお願いしたいです!!! 勝手に期待してます!!!

なんやかんやで、ファッションにキュンにイケメンに美女にと今期一番楽しめたドラマでした。10回もの連載にお付き合いいただきありがとうございました!

(やまとなでし子)

※この記事は2021年06月29日に公開されたものです

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ