無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[京都]新スタイルのホテル滞在が体験できる〈sequence KYOTO GOJO〉へ。朝食は14時まで食べ放題?ルームキーは顔認証?

旅行・おでかけ

ITテクノロジーが発達する中で、便利に進化しているのは日常生活の中のみならず旅先で利用するホテルも!今回は、2020年に京都・五条にオープンした〈sequence KYOTO GOJO〉で体験した最新ホテルステイをレポートします。

心地いい、スマートなホテル作り

三井不動産グループがこれまでのホテル業界の常識や作法にとらわれることない、第三のホテルブランドとして立ち上げた「sequence(シークエンス)」シリーズ。
グルメやインテリア、アートなど世界のトレンドや体験を求めて旅をする人たちをターゲットに、さまざまなクリエイターとタッグを組み新しい次世代型ライフスタイルホテルとして誕生しました。

現在、渋谷の新たなトレンドマークとなった〈sequence MIYASHITA PARK〉、エンターテイメントの中心地として人々が集まる水道橋の〈sequence SUIDOBASHI〉、そして世界に誇る日本文化都市である京都に〈sequence KYOTO GOJO〉の全3拠点があります。
「sequence」=つながり・連鎖という意味があり、自由に創造し唯一無二の時間を過ごすこと、ヒト・モノ・コトとの出合いにつながることができる場所にしたいという想いが由来となっています。

自由を生み出す“SMART”なおもてなし

さっそくチェックインからスマート体験が始まります。事前登録ができる専用アプリから、顔認証システムを使って非対面セルフチェックイン。対面しない仕組みづくりは、コロナ禍であるこの時代、とくに安心できますね。
また、レセプションカウンターのるアメニティは必要な分だけ持っていく環境を配慮したスタイルです。

先ほどレセプションで登録した顔認証キーで客室への入室が可能です。「カードキーを忘れて部屋に入れない…」、なんてことが起きないということだけでも、ストレスフリーなステイでとても便利です。さらに、館内施設利用時はキャッシュレス対応をしているため、「財布を忘れた…」なんてことが起きても問題なし!初めてのスマート体験の連続に、“未来のホテル”に来ているかのような感覚になりました。
※顔認証キーはsequence KYOTO GOJO、sequence SUIDOBASHIのみ対応。

客室は東山文化の水墨画からインスピレーションされた黒と白のシンプルなデザイン。ベッドのヘッドライトが、ゆったりとしたムーディーな空間を演出しています。

1〜2名定員のスタンダードタイプの客室は、洗面やデスクをまとめたカウンターや、荷物も収納できるベンチなど、機能性を重視したミニマルなデザインが特徴的です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ