無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夜食や朝食に! 即効つくれて栄養バランスも◎! クイック丼ものレシピ3選

ライフスタイル

ネバネバ食材3種を使った、胃にもやさしいメニュー
納豆オクラ長いものネバネバ丼

520kcal/1人分

【材料】1人分

・納豆 1パック
・アボカド 1/4個
・オクラ 2本
・長いも 4センチ(60g)
・たくあん 15g
・卵黄 1個
・あたたかいごはん 1膳
・しょうゆ 適量

【つくり方】

(1) オクラは塩をふりまな板の上でゴロゴロ転がして刷り込む(板ずり)。塩がついたまま沸騰した湯に入れ、1分半ゆでる。冷水にとって冷まし、薄切りにする。
(2) アボカドは1.5㎝角に切る。たくあんも角切りにする。
(3) 長いもは皮をむきすりおろす。(とろろ)
(4) どんぶりにご飯をよそい、納豆、アボカド、オクラ、たくあん、とろろをのせ、中心に卵黄を落とす。
(5) しょうゆをかけていただく。

ネバネバ丼は胃の疲れを感じているときの食事として最適なんです♪
胃の疲れを感じている人は、ぜひネバネバ食材で胃を守ってあげましょう。
お好みでモロヘイヤやめかぶなど、ほかのネバネバ食材を組み合わせるのもおすすめですよ。

保存してある缶詰めを使ってさっとつくれる!

さばみそ缶と香味野菜の丼ぶり

1人分535kcal

【材料】2人分

さばみそ缶 1缶
新玉ねぎ 1/2個
マヨネーズ 大さじ1/2
おろし生姜 小さじ1/2
青じそ(千切り) 5枚
みょうが(小口切り) 1個
卵黄 二個
炒りごま 適量
ごはん 適量

【つくり方】

(1)新玉ねぎは薄切りにする。
(2)さばみそ缶をボウルに入れ、(1)とマヨネーズ、おろし生姜を加えてさばをほぐしながら混ぜる。
(3)丼ぶりにごはんを盛り、(2)をのせて真ん中に卵黄をのせる。青じそとみょうが、いりごまを散らしてできあがり。

お魚は食べたいと思っても調理が手間、と思っていませんか? そんなときこそ缶詰めの出番!長期保存もできるので、ストックしてあれば、いつでも栄養満点のごはんがつくれるので、おすすめです!

おかひじきと半熟卵がアクセントに!

「カツオのたたきのピリ辛丼」

427kcal/1人分

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ