無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「一重まぶた」ってかわいい。マスク着用時に映えるメイクの方法

メイク

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、いつもとは異なる美容に関するお悩みを抱える女性も多い。そこで、今回はそんな時期に生まれた「“マスク”かつ“一重まぶた”のメイクのお悩み」についての対処法を、Instagramで一重・奥二重メイクについて発信されているモデルの麻井香奈さんに提案してもらいます。

・イエローのアイシャドウは肌馴染みの良いブラウンみのあるものなので、大胆に目元全体に入れてOK!
・黒目の下にオレンジを入れることで、マスク着用時でも目の縦幅が協調されてかわいい印象に

アイラインの引き方

アイライン選びのコツ

オレンジメイクの時にオレンジのアイラインのみだと目元がぼやけてしまうため、ブラウンのアイラインと2色用意するとGOOD!

方法

(1) アイラインを引く前に、ビューラーでまつ毛を上げる
※アイラインのよれを防ぐため、アイラインを引く前にビューラーをしておくのかおすすめです
(2) 上まぶたを引っ張るように上に引き上げ、まつ毛の生え際にブラウンのアイライナーでインラインを引く
(3) (2)に少し重なるようなイメージで、目の際全体にオレンジのアイラインを引く
(4) (3)で引いたオレンジアイラインを延長し、目尻は長めに引く

◆Point.

・マスク着用時のカラーメイクは、顔の印象が薄くなりがちなので、ブラウンカラーのインラインで目元を引き締める
・目尻は跳ね上げすぎず、目の流れに沿ってスッと引く

マスカラの塗り方

マスカラ選びのコツ

上下まつ毛にオレンジマスカラを使用すると、マスクをつけた時に目元がぼやけた印象になるので、目元の存在感をアップさせるためにブラウンマスカラも併せて使用するとGOOD!

方法

(1) ブラウンマスカラを上下まつ毛全体に塗る
(2) 一度コームで解かす
(3) ブラウンマスカラが乾いたら、下まつ毛のみにオレンジマスカラを重ねる

◆Point.

・ブラウンマスカラで目元にメリハリをつける

今回の“マスク映え×一重メイク”は、マスクが手放せなくなった今、「マスク姿の自分をふと見た瞬間に少しでも気分が上がるように」「マスク姿の自分に自信を持てるように」という願いを込めて提案しました。

私はメイク方法に、“正しさ”も”間違い”もないと思っています。自分の好きなメイクをして、自分が気分良く過ごせるのが一番です!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ