無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“溜め込み部屋”をリセット!今これがあったら捨てるモノ&捨てるコツ14選

ライフスタイル

部屋にモノを溜め込んでない?

“捨て活”で部屋も心もリセット!

2021年も折り返しとなりました。昨年末の大掃除からもだいぶ時間が経っているので、そろそろ部屋の中をじっくり見返したいタイミングです。家にいろんなモノを溜め込んでいませんか?

Photo by Liana Mikah / Unsplash

使っていないものや使わないものは捨てて、部屋も心もリセットしたいところ。「でも、何を捨てたらいいの?」とお困りの方もいるでしょう。この記事では、「これ、捨てちゃいましょう!」と捨てるモノやコツについて解説します。

おしゃれ好きなら、ファッション見直し

①服の捨て活は衣替えがベストタイミング

ファッションが好きで新品をどんどん買っている人は、服が溜まっていませんか?年に何回かある衣替えのタイミングで、前の季節の服からいらないものを選びましょう。明らかに劣化してもう着られそうにない服は手放してください。

②迷うならアイテムごとにさらに仕分け

季節ごとに服を分けてもまだ多い…と感じるなら、さらにトップスやスカート、パンツなどアイテムごとに分けてチェックしましょう。

実際にコーデを思い浮かべると「使う・使わない」が判別しやすくなります。デザインが被っていたらどちらかにする、他の服と組み合わせにくいので出番が少ない…などなど。劣化以外にも服を手放す理由はたくさんあります。

③“まだ着られる”けど“もう着ていない”ならサヨナラ

「まだ着られる」から服を残す人もいるでしょう。でも、その服があるのを忘れていませんでしたか?他のアイテムを買い足していませんか?部屋着としても着ようと思わなかったのでは?

「もう着ていない」「着たいと思わない」なら、もう着ないでしょう。まだ着られるとしても手放しましょう。捨てるのがもったいないのなら、リサイクルショップやフリマアプリなどで売れば、別の人に有効活用してもらえます。

④成長する子ども服はこまめにチェック

子どもはすくすくと成長し、買った服がすぐに着られなくなります。日常的に「もうこれは着られない」とこまめにチェックしましょう。服だけでなく靴下などもすぐ履けなくなります。

記事に関するお問い合わせ