無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“溜め込み部屋”をリセット!今これがあったら捨てるモノ&捨てるコツ14選

ライフスタイル

ついつい溜めてしまうのがハンガーです。服の捨て活をすると、おのずと必要なハンガーも減ります。ワイヤータイプの先端でラックを傷つけるハンガーは、別のハンガーに買い換えるのがベターです。

⑩コスメは収納スペース分だけ持つ

コスメは新しい商品が出ればときめき、つい買い足したくなりますよね。でも、どんどん増えて使わないのはもったいないです。ケースやポーチに入る分だけなど、収納スペースに入る分だけ持つと決めると増えすぎません。

⑪紙袋は取っておく数を決めて

紙袋もつい溜めがちなアイテム。特に今はレジ袋がなくなり、紙袋になったお店も多いです。荷物や手土産を入れるのにもちょうどよく、いくつかは持っておきたいところ。そこで「5枚まで」など数を決めて、溜め込みをセーブしましょう。

⑫常備薬&衛生グッズの使用期限は大丈夫?

常備薬や消毒液、包帯などの衛生グッズには使用期限があります。定期的に見直して、期限を過ぎていたら処分しましょう。ついでに収納を見直し。小分けにするとごちゃつかず、きれいに整理整頓できます。

モノを増やさない・減らすコツも知っとこ!

⑬増えやすいのは小さくて安いモノ

特に増えやすいモノが、小さくて安いアイテム。「小さくて場所を取らないから」「安いから」ついたくさん買ってしまいます。服でいうと靴下、他にもコスメや文房具など。どんな買い物でも「これ本当に必要?」と考えることを忘れずに。

⑭いろいろ持つより一つにまとめる

いろんなアイテムを一つにまとめた、多機能なアイテムに替えるのもモノを減らすコツです。たとえばネイルの除光液とコットンは、リムーバーシートがあれば事足ります。ほかには掃除用洗剤、アプリなどもまとめやすいです。

前向きに捨てて、身軽に暮らそう

Navamin keawmorakot / Getty Images

今の暮らしに必要のないものを捨てると、本当に使うものだけが身の回りにあり、身軽に暮らせます。「不要なものを捨てる」のは、「必要なものを選ぶ」行為でもあるからです。前向きに捨てて、身軽な暮らしを始めませんか?

記事に関するお問い合わせ