無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏休みの宿題も大丈夫!子どもの自由研究がはかどる都内スポット4選

旅行・おでかけ

夏休みの宿題は憂鬱なものの一つ・・・せっかくならば、楽しく進めてほしいものです。とくに自由研究に苦労するお子さんも多いのでは?そこで、おでかけついでに自由研究のテーマ決めもできちゃう都内の4スポットをご紹介します。

仕事の面白さや難しさは、実際に体験しないと分からないもの。楽しみながら試行錯誤し、成長するわが子の姿を見たら感動してしまうかも。親子にとって思い出深い自由研究にしてみては?

キッザニア東京

所在地:東京都江東区豊洲2-4-9 アーバンドックららぽーと豊洲1 ノースポート3F
電話番号:0570-06-4646(インフォメーションセンター)
最寄駅:豊洲

親子でタイムスリップ!?東京の歴史と未来を考える/東京都江戸東京博物館

写真提供:東京都江戸東京博物館

江戸東京の歴史と文化を振り返り、未来の都市と生活を考える場として1993年に開館した「東京都江戸東京博物館」。

同館の常設展は、徳川家康が江戸に入府してから約400年間を中心として、江戸ゾーンと東京ゾーンに分かれています。その歴史と文化が約2,500点の実物資料や復元模型等を使って紹介されているんです。

まず注目すべきは、6階の江戸城と町割りのコーナー。江戸城本丸の模型は、室内の屏風の模様まで細かく再現されていて、その精巧な造りに驚きます。

写真提供:東京都江戸東京博物館

そして5階の江戸ゾーンでは、江戸時代の長屋や芝居小屋、上水道など当時の庶民の生活や文化について知ることができます。

幕末を経て、時代は江戸から東京へ。文明開化の象徴である様々な建物や、戦時中に兵器として使用された風船爆弾の模型、高度経済成長期の住まいの様子などが展示されています。公式サイトから常設展示用のワークシートがダウンロードできるので、ぜひ活用してみて。

写真提供:東京都江戸東京博物館

東京の移り変わりを学んで自由研究のテーマにすることは、未来を担う子どもたちにとって、とても意義があること。建物や都市計画、芸術文化などに興味を持つきっかけにもなりそうですね。

東京都江戸東京博物館

所在地:東京都墨田区横網1-4-1
電話番号:03-3626-9974
最寄駅:両国

取材・文/野田 比都美

※2021年7月1日時点の情報です。価格や内容は変更になる場合があります。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示はすべて税込です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ