無料の会員登録をすると
お気に入りができます

暗い気持ちがもっとナーバスに…彼を励ますときのNG対処法7選

彼が落ち込んでいるときは、元気になってもらおうと励ます女性もいるでしょう。しかし、方法を間違ってしまうと、彼の気持ちはもっと暗くなってしまいます。男性が傷つく、間違った励まし方を知っておきましょう。

2018年9月
恋愛・結婚

3.厳しい言葉・正論・アドバイス

“正しさ”よりも“優しさ”が欲しい

落ち込んでいる彼から話を聞くと、彼にも悪い所があったり、こちらからするとあまりにも小さなことで悩んでいたりすることもあるでしょう。そんなとき、つい厳しい言葉や正論やアドバイスをしたくなるかもしれません。

「〇〇君も悪い所があったでしょ?」「そんなことで落ち込むの?」「~~しなきゃダメだよ」なんていうように。たしかに正論ですが、ナーバスになっている彼にとっては厳しすぎる言葉です。

落ち込んでいる人にとって欲しいのは“正しさ”よりも“優しさ”。どんなときでも味方になってそばに寄り添ってほしいのです。正論を伝えるのは彼が元気なときにして、落ち込んでいるときは優しくしてあげましょう。

4.とりあえず「頑張って!」

言葉で彼を包み込んであげて

落ち込む彼を見て、何気なく「頑張って!」「元気出してよ!」と声をかける女性もいるでしょう。なかには、彼をどう励ましたら良いのかわからず、そう声をかける女性もいるかもしれません。

どんな女性でも「彼に元気になってもらいたい」という気持ちから出てくる言葉です。しかし、彼にとってはつらいことかもしれません。「もう頑張ってる」と感じており「元気になりたいけどなれない」と思っているからです。

言葉を投げかけるだけでなくて、言葉で彼を包み込むような言い方にしてみましょう。「頑張って!」よりも「頑張ってたもんね」と彼の頑張りを認めるように。「元気出してよ!」よりも「大丈夫。きっと元気になるよ」と彼を信じるように。気持ちは同じでも言葉によって伝わり方は違ってきます。

5.「飲んで忘れちゃえ!」

彼の悲しみを真摯に受け止める

つらいことがあったときに、お酒を飲んで楽しい時間を過ごすと気持ちがスッキリする人もいるでしょう。そんな自分の経験談から、「飲んで忘れちゃえ!」と彼にお酒を勧める女性もいるのでは?

しかし、男性の中には、悩みに対して真面目に受け止めてもらえなかったような、彼女にとっては他人事なんだなと寂しい気持ちを抱く人もいます。明るく振る舞うのは良いことですが、真摯に受け止める姿勢も大切です。

6.「私のこと嫌いになった?」

記事に関するお問い合わせ