無料の会員登録をすると
お気に入りができます

暗い気持ちがもっとナーバスに…彼を励ますときのNG対処法7選

彼が落ち込んでいるときは、元気になってもらおうと励ます女性もいるでしょう。しかし、方法を間違ってしまうと、彼の気持ちはもっと暗くなってしまいます。男性が傷つく、間違った励まし方を知っておきましょう。

2018年9月
恋愛・結婚

彼の立場になって考える

「彼が落ち込んでいるのは私が原因?」と不安になり、つい愛情を確かめるような言葉を投げかけてはいないでしょうか。「私のこと嫌いになった?」「どうして返事をくれないの」なんていうように。

彼としては別の事で悩んでつらい状況なのに、自分本位な彼女にうんざりしてしまいます。彼に何か言おうと思ったら、「それは本当に彼のため?」と自分に問いかけてみましょう。

愛情を確かめる言葉は、彼ではなく自分のためだと気づいて、飲み込むはず。本当にかけるべき言葉は「無理しないでね」「もし良かったら話聞くよ」など、彼への励ましや労りだとも気づくでしょう。

7.彼以上に落ち込む

明るく癒やせる彼女になろう

彼が落ち込んでいると、自分まで悲しい気持ちになってしまう女性もいます。彼の気持ちに共感して、彼よりもどんよりと落ち込んでしまう人もいるかもしれません。

そうなると悲しんでいるあなたを彼が気遣うことになってしまい、彼の気持ちが置いてけぼりになってしまいます。一緒に落ち込むよりは、明るく振る舞ったり、スキンシップで温もりを伝えたり、癒やせる彼女になりましょう。

彼を思う気持ちが何よりも大切

間違った励まし方をしてしまう女性でも、彼のことを大切に思うからこそした行動でしょう。しかし、受け取る彼がよりつらい気持ちになっていたら本末転倒ですよね。

また、人によって励ましてほしい方法は異なります。紹介したNGの励まし方の中にも、実は大丈夫という男性もいるかもしれません。だからこそ目の前の彼と向き合い、本当に彼が求めていることを真剣に考えるのが何より大切なのです。

記事に関するお問い合わせ