無料の会員登録をすると
お気に入りができます

思わず息をのむ、名庭×名建築! [京都]日本庭園を眺めながら和食を堪能できる、おすすめの料理旅館・日本料理店はここ!

旅行・おでかけ

〈がんこ高瀬川二条苑〉/木屋町二条

庭を流れる水が、高瀬川になる。日本一大きな灯籠、小堀遠州の作庭と伝わる茶庭、虎石などの珍しい石も見どころ。

外から全く想像できない驚きの広さの庭に、さらさらと川が流れる。実はこの流れは鴨川から分水した高瀬川の源流。もとは江戸時代の豪商・角倉了以が構えた由緒ある庭と建物が、気軽な和食をいただける店になっているのはサプライズ。

入り口の山縣有朋「第二無鄰菴」の石碑。明治時代に内閣総理大臣の山縣有朋が別邸にした足跡。「山縣は流れる川を好みました。この庭は彼の理想だったのかも」(烏賀陽さん、以下同)

座敷だけでなく、大正ロマン風のテーブル席の洋館もあり、ランチには月替わりの特別懐石が2,980円から選べる。

窓外に広がる〈がんこ高瀬川二条苑〉の深い緑。クラシックな雰囲気の洋館のほか、蔵を改装した部屋も。15部屋ある個室はどれもガーデンビュー。

季節の台物(小鍋)がついた高瀬川御膳彩(いろどり)3,500円。

店内には大きな生け花が。

〈がんこ 高瀬川二条苑〉
■京都府京都市中京区東生洲町484-6
■075-223-3456
■11:00~22:00 無休
■300席/禁煙

〈白河院〉/岡崎

明治時代に富豪の別荘地として開発された岡崎周辺には、名庭名建築の屋敷が数多い。料理旅館〈白河院〉もその一つ。

庭園は回遊式なので、食後は散策を。

「武田五一の建築から小川治兵衛の庭が眺められる贅沢な空間です」。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ