無料の会員登録をすると
お気に入りができます

年に6回だけの“ラッキーデー”も!?[2021年7月の金運]を大公開!

占い

いよいよ2021年も後半にさしかかり、7月が始まりましたね。そんな7月のみなさんの金運を占うべく、今回は占い師の五十六謀星もっちぃさんに東洋の干支占いや西洋の占星術、日本の暦注などの様々な要素を集合させた金運カレンダーを作成してもらいました。買い物のタイミングや内容を考える際に、ぜひ参考にしてみてください!

この日はいつもより目線を上げて、天からお金が降ってくることをイメージしましょう。あなたが目を向けるべき本当の富は、地面に落ちている小銭ではなく、天から降り注ぐ大きなチャンスです。

24日の満月は一粒万倍日

今月の満月は、畑にまいた一粒の種が一万の収穫につながるとされる吉日、“一粒万倍日”と重なります。

この日は7月最高の買い物日和です。欲しいものがあるのなら、この日に買うのがよいでしょう。この記事を読んでいる今、購入を迷っているものがあるのなら24日まで待ってみてください。

土用の丑の日は“う”のつくものを食べよう!

昔からウナギを食べる日とされる土用の丑の日ですが、今年は7月28日がそれに相当します。実はこの日、金運に直結する天体である木星がみずがめ座に移動するという占星術的な重要イベントが発生するため、人々の運気の流れに変化が訪れそう。

この日はウナギを食べてパワーをつけることをおすすめしますが、元々ウナギが嫌いな人や、金欠気味の人は無理にウナギにこだわる必要はありません。

なぜなら、実は土用の丑の日はウナギに限らず、“う”のつく物を食べるのがよい日とされています。“梅干し”や“ウルメイワシ”などでも、開運の効果は十分に期待できるはず。ちなみに、筆者は安くておいしい“牛のお肉”がのった牛丼を食べるようにしています。

水瓶座の流星群

28日に木星がみずがめ座に移動した直後の30日には、水瓶座の流星群の活動がピークを迎えます。

実は水瓶座はこの時期、非常にパワーがあふれている星座です。もしもこの日の天気が良く水瓶座の流星群を観測できるのなら、金銭的な願い事をするのにぴったりでしょう。

たとえ見ることができなかったとしても、この日に水瓶座の流星群のことを思い出してさえいれば、それだけでも開運効果がありそうです。

五十六謀星もっちぃ
10代の頃から占い一筋に生きる職業占い師。
占い師や、占い師になりたい人向けのオンラインサロンを運営。
著書『1日2時間で月10万円 はじめよう 電話占い師』(同文舘出版)
公式HP:https://motty56.com/

https://motty56.com/

占い師のサロン:https://salon.motty56.com/

https://salon.motty56.com/

©SementsovaLesia/gettyimages
©iprogressman/gettyimages

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ