無料の会員登録をすると
お気に入りができます

世界遺産の村で山暮らし!大自然の中のカフェ一体型ゲストハウス「タカズーリ喜多」

深い山々に囲まれた自然豊かな富山県南砺市にある「タカズーリ喜多」は、「山暮らし」が体感できるカフェ一体型ゲストハウス。
山奥にある静かな一軒家で、非日常的なひとときを過ごしてみませんか?

田村穂乃

旅行・おでかけ

深い山々に囲まれた自然豊かな富山県南砺市にある「タカズーリ喜多」は、「山暮らし」が体感できるカフェ一体型ゲストハウス。
山奥にある静かな一軒家で、非日常的なひとときを過ごしてみませんか?

五箇山に魅了されたご夫婦がオープンしたゲストハウス

北陸新幹線「新高岡」駅から車で約1時間。自然豊かな南砺市五箇山の地に「タカズーリ喜多」はあります。
合掌造りの家々が残り、世界遺産に登録されている集落があるこの地域。不便なこともみんなで協力し合い解決する、そんな助け合いの村には、昔ながらの生活の息づかいが残っています。

そんな土地に魅了され、千葉県から移住してきたオーナーの多賀野公太さん・伽菜子さんご夫妻。山を愛する仲良しご夫婦です。元民宿だった古民家をリノベーションし、2018年1月に山暮らしのゲストハウス「タカズーリ喜多」をオープンしました。

オーナーの多賀野ご夫妻

古民家をリノベーション!こだわりいっぱいのゲストハウス

男女混合ベット部屋(1人3500円)、洗面所、貴重品入れロッカー、共有スペース

「タカズーリ喜多」のお部屋は全部で3部屋。男女混合ベット部屋(1人3500円)、女性専用ベット部屋(1人3500円)、「アマの間(個室)」(1室9000円、定員2名)があります。女性専用のお部屋があるので、女性グループでの宿泊も安心ですね。

カフェスペースにある椅子は、よくみると小学校の図工室の椅子。

「オエの間(共有居間)」やカフェスペース、宿泊者は自由に使える共用キッチンもあります。
貴重品入れのロッカーや、玄関先の下駄箱、カフェスペースなどに使用されている椅子など、どれもなんだか懐かしさのある可愛い家具ばかり。なんとゲストハウスの近くにある小学校が廃校になった際に譲り受けたものだそう。
過疎化が進む五箇山。地域の人々が世代から世代へと受け継いだものを再利用することで、訪れる人に昔懐かしさを感じてもらったり、この地域の話をするきっかけになればとの多賀野ご夫妻の思いが込められています。

山の恵みを感じるカフェメニューはいかが?

土日や祝日はカフェ営業もしている「タカズーリ喜多」。宿泊者以外の人も利用することができます。ここでしか味わえない、山ならではのフードやドリンクが楽しめます。
オススメは、奥様・香奈子さん特製の「手仕込みカレーライス」(1200円)。狩猟免許をもつ公太さんが獲ってきたイノシシ肉やシカ肉が味わえる山ならではのカレーライスです。
ほかにも、専用の釜で炊いた「酵素玄米ご飯」が嬉しい「タカズーリプレート」(1300円)が好評です。

「酵素ドリンク」(500円)。左から「グミの実、うめ、すもも」。

さらに、お料理だけでなくドリンクにもこだわりが。オススメは「酵素ドリンク」と「凍りコーヒー牛乳」。
「酵素ドリンク」(500円)はすもも、うめ、グミの実の3種類。夏に収穫した実を漬け込んだ自家製シロップで作られています。甘酸っぱさが心地よい、さわやかな味わいです。
「凍りコーヒー牛乳」(500円)は、多賀野ご夫妻の故郷である千葉のコーヒー店で焙煎された、こだわりの豆を使った一品。山奥で本格的なコーヒーの味わいが楽しめますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ