無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[業スーが救世主]夏休みを控えてこれから始まる「ランチ地獄」は1玉30円の冷凍うどんで乗り切れ!!~アイデア5選~

レシピ

【管理栄養士がレシピ提案】子どもが夏休みに入ると、毎日続く3食のご飯作り。特に暑い台所でのランチ作りは頭を悩ませるもの。そんなときに強い味方になるのがコスパ◎の業務スーパーの冷凍うどん。その冷凍うどんの簡単アレンジ術を紹介します。

4.子どもが大好きな鉄板メニュー「ナポリうどん」

スパゲティでおなじみのナポリタン。うどんで作ってもおいしく仕上がります。

1玉分の材料はこちら。具材はお好みで大丈夫ですが、今回はウインナー、玉ねぎ、ピーマンにしました。きのこを入れてもおいしいですよ。

味付けはケチャップとバター。バターが入るとこでこくとまろやかさをプラスします。

フライパンで具材を炒め、解凍したうどんを入れてさらに炒め、ケチャップとバター、塩こしょうで味を整えます。

お好みでパルメザンチーズをふってどうぞ。さめてもおいしいので、お弁当にもおすすめです。

5.豆乳×みそ×そぼろで!コクがあるのにさっぱり「ごま豆乳坦々風うどん」

豆乳で作る冷やし坦々風うどんです。豆乳はたんぱく質だけでなく、ビタミンやミネラルもとれます。

1玉分の材料はこちら。豆乳スープの材料は無調整豆乳200ml、鶏ガラスープの素小さじ1、味噌、小さじ2、すりごま大さじ1です。味噌は塩分によって加減してください。

上にのせるひき肉は子どもが食べられるように、味噌、砂糖、みりんで甘めに味付けをしました。青みにはきゅうりを。食べやすいように小さめの角切りにしました。

豆乳スープは飲み干したくなるようなおいしさ。大人はラー油をかけてどうぞ。

いかがでしたか?5品のアレンジレシピを作ってみて、冷凍うどんのポテンシャルに、あらためて感動しました。これからやってくる夏休みのランチにぜひご活用ください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ