無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これが若い女子との違い♡「年下男子」を虜にする方法9選

女性の年齢が上だからこそ年下男子が惹かれてしまう理由があります。そこで、年下男子を虜にする、大人女子ならではの恋愛テクニックをご紹介します。

2018年9月
恋愛・結婚

気になる彼は年下でした♡

大人の女性だからこその魅力がある

気になっている彼が年下男子のとき、どうアプローチしたら良いのか迷う人もいるでしょう。積極的にアプローチをしたら、ガツガツしていると思われるかもと悩んだり。年齢のことが気になってしまったり。

大人の女性だからこそ、男性が惹かれる理由もあります。そこで、年下男子を虜にする、大人女子ならではの恋愛テクニックをご紹介します。

1.自然とこぼれる知識と教養

年齢と共に積み重ねましょう

年齢を重ねている分だけ、いろんなことを経験している大人の女性。その経験が知識や教養として身についていくはずです。そんな女性は知性があり、年下男子としては年上だからこその魅力を感じます。

ただ年月を過ごすのではなく、一日一日を大切に生きましょう。どんなことにでも挑み、初心を忘れず学びましょう。そうすれば知識と教養のある、素敵な女性になれます。

2.リードしてくれて頼りがいがある

甘えさせてくれる存在は貴重

甘え上手な年下男子にとって、リードしてくれる大人の女性は頼りにしたくなる存在です。頼もしく思う気持ちが、居心地が良いと恋心に発展することもあります。

会社の先輩と後輩なら、立場上リードもしやすいでしょう。時には厳しく指導することも大切です。そして、きちんと「頑張ってるのはわかってるから」と認め、周りには「よくやってくれる」とフォローすることも忘れずに。

プライベートでもおいしいお店に誘って一緒に行ったり、他の人には言えない相談に乗ったり、リードして距離を近づけるのもおすすめです。

3.自立している女性が素敵

ほどよい距離感で付き合っていける

若い男性は、付き合う女性に対する責任にプレッシャーを感じてしまいます。精神的にも経済的にも寄りかかられてしまうと、「自分がなんとかしなければ」「でも社会人としてまだまだだし…」という焦りが生まれるのです。

精神的にも経済的にも自立している年上女性なら、そのプレッシャーから解き放たれます。ほどよい距離感で付き合っていけることに安心し、むしろ自分が甘えられることを喜びます。

年上で自立している女性というのは、若い男性こそ付き合いたい存在なのです。なので、年下男子には余裕がある姿を見せましょう。自立しているなと感じさせる余裕です。年下男子にとって心を許せる存在になれるはず。

4.年齢を感じさせないフランクさ

年上女子のかわいいギャップ

年上の大人の女性というだけで、緊張してしまう男性もいます。そこで、年下男子と接するときはフランクに。にこにこと笑顔で、人当たり良く接し、気さくに話しかけましょう。その場を心から楽しむ姿勢も大切です。

人当たりの良い人は誰からも好感を持たれます。そして、年上なのに気さくで、大人の女性なのにかわいい笑顔を見たときに、そのギャップにキュンとする男性もいるのです。

5.年齢を重ねることを楽しんでいる

若くいようとしないことこそ若々しい

大人の女性が年齢層が若めのファッションやヘアメイクをしていると、自分が持っているオトナの雰囲気とちぐはぐになってしまいます。嫌な言い方をしてしまうと「若作り」に見えてしまうこともあるのです。

それよりは、年齢にあったファッションやメイクの方が似合います。話し方や態度、行動も、大人らしい品格が必要。むしろ年齢を重ねることを楽しんでいる女性の方が、若々しく見えるものなのです。

6.甘えたくなる包容力

年下男子がありのままでいたくなる

男性は意外と甘えたがりです。しかし、男性のプライドとして、甘える姿を見せることが恥ずかしい人もいます。それでも、年上の女性なら、年齢を理由にして心置きなく甘えられるのです。

恋愛になる前に、悩みも打ち明けやすかったり、年上だから相談もしやすかったりと、自然と心を開ける関係になりやすいのです。年下男子が弱い部分を見せてくれたときが、大人女子としての魅力の見せ所。

彼が落ち込んでいる様子なら飲みに誘ったり、真摯に相談を受けたり、仕事について熱い話を聞いたり、失敗を嫌な顔せずフォローしたり…。彼の弱い部分さえ受け入れる包容力があると、男性はありのままでいられると心を許してくれます。

7.女性としての色気はなくさない

“上品さ”と“隙”を見せる

包容力がある年上の女性となると、一歩間違うと「お母さんみたい」と思われてしまうこともあります。恋人と母親の境界線は色気です。女性の色気は“上品さ”と“隙”にあります。

色っぽく見せようとすると、あざとくて品がありません。むしろ上品な立ち居振る舞いの方が、女性らしいしなやかさを感じます。そして、いつも上品な女性だからこそ、たまに見せる隙がたまらなく色っぽく映るのです。

隙とはいわば気を抜いた瞬間です。お酒に酔ったり、涙を流してしまったり、疲れてため息を吐いたり。いつも上品であること、そして気になる年下男子の前だけでは隙を見せることで、“女性”として意識させましょう。

8.年下こそ頼りにする

さりげなく男性のプライドをくすぐる

仲良くなっている年下男子には、もう一歩踏み出してみましょう。彼を頼りにするのです。仕事なら何か任せたり、プライベートなら悩みを打ち明けたり。

年上の女性の役に立てたということで、男性の自尊心もくすぐれます。もちろんどんな人の役に立っても喜びはありますが、年下だからこそ年上に頼りにされるのはよりうれしいのです。

また年上の女性にとっても頼りにすることで心を開くことができ、彼との距離がぐっと縮まります。

9.一度だけ好意を伝えたらあとは受け身

魅力的な年上女性になれたらこれで十分♡

ここまでは年上の女性の中でも、魅力があって年下男子が惹かれてしまうようなテクニックを紹介してきました。これまでのことを心がければ、年下男子にとって恋愛対象にはなれているはずです。

そして最後に恋愛に進める一手として、彼にさりげなく好意を伝えましょう。「〇〇君みたいな人はタイプ」「〇〇君は男性としての魅力を感じるな」など、わかりやすい言い方が良いです。

年下男子君は意識してしまうはず。しかし、あなたはそれ以上はアプローチしません。あとは受け身で待ちます。一度伝えたらあとは引くことで、手が届きそうで届かない感覚に、男性はより「落としたい!」と思うのです。

大人の女性って素敵♡

大人の女性としての魅力を持っている人であれば、年下男子はもちろん、どんな男性でも惹かれてしまうでしょう。気になる年下男子にアプローチをするときの参考にしてくださいね。

記事に関するお問い合わせ