無料の会員登録をすると
お気に入りができます

3ヶ月でリセット!アラサー女子の「#失恋立ち直り」術

結婚を考えていた彼とまさかの破局…。なかなか現実を受け入れられず、どん底の日々を過ごしていませんか?失恋からの立ち直り術をご紹介します。

2018年9月
恋愛・結婚

彼なしなんて考えられなかった?あれ、そうでもなかった?と思えたらチャンス。彼との想い出や彼の長所短所をノートに書き出してみましょう。恋愛中には感じなかった一面が見えてきます。

新しいことにチャレンジする

失恋した=彼と過ごす時間が減った=自分の時間が増えた。くよくよ悲しむ時期がある程度終わったら、自分のために時間を使いましょう。資格の勉強や新たな趣味、旅行など、興味のあるものをスタートしてみて!

おしゃれに興味を持つのも楽しいですよね。ヘアスタイルを変えたり、新しい洋服を購入したり。昔の自分とは決別!ぐらいの気持ちで外見をチェンジするのも効果的です。

自分と向き合う

失恋時は自己肯定感が低くなり、自分に自信が持てなくなります。ですが、人生は自分で切り開いていくもの。失恋をきっかけに本当の私と向き合ってみましょう。

自分の良い面悪い面を紙にリストアップし、褒める部分と直したい部分を把握しましょう。アメとムチを自分に与え、どんどん自信回復させていきます。できないことができるようになる幸せを味わってみて!

3.決別の時(3ヶ月〜)

思い出の品を処分する

失恋してから3ヶ月も経つと気分は随分と変わってきます。あとひと踏ん張りですね。次は想い出の品の処分をしましょう。はじめは箱に入れるなどして蓋をし、少しずつ手放していきます。

彼と一緒に映った写真も同じように処分していきます。メールも同様です。気持ちが踏ん切れたらすべてなくしましょう。

連絡手段を絶つ

彼との連絡手段も徐々に減らしていきたいですね。LINEやメール、フェイスブックのつながりなどは切りやすいものから手放します。

彼からの連絡にパッと飛びついているのは依存の印。もし彼から連絡があったとしてもすぐに返信はしません。ゆっくり段々と距離を置き、最終的にフェードアウトが理想です。彼から切られるのを待つのではなく、自ら切ります。

記事に関するお問い合わせ