無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

SNSでも感じる...「妬み」の感情と上手に付き合う方法7選

うらやましいという感情や、誰かへの妬みや嫉み。SNSなどで他の人の様子が目に入りやすい現代では、そういった感情を抱くこともよくあるかもしれません。そこで、そんなもやもやとした気持ちと上手に付き合う方法を解説します。

ライフスタイル

3.妬んだ相手から学ぶ

“妬み”を“憧れ・尊敬”に変える

自分が欲しがっているものを持っている人を見ると、妬みが生まれます。それなら相手を認めてしまいましょう。「すごいね」と素直な気持ちを伝えても良いです。“妬み”ではなく“憧れ”や“尊敬”に変えるのです。

そして、その相手を見習ったり話を聞いて学んだりして、自分に足りない部分を補えば、自分が憧れた姿に近づくことができます。妬んでしまったときは「自分が変われるチャンス!」と前向きに考えましょう。

4.自分の得意と苦手を知る

“得意”を伸ばすד苦手”は一生懸命に努力=成長

どんな人でも全てに優れているということはありません。得意なこともあれば、苦手なこともあります。そのどちらも知ることが、自分の個性を知ることにつながります。

できることは自分の優れたところとして認めると、自尊心を高められます。得意なことをさらに伸ばせば自信もつき、劣等感を抱くことも減るでしょう。

できないことは見ないふりをしてしまうと、いつまでも劣等感として残り、妬みや嫉みを抱く機会も増えます。苦手なことにも丁寧に向き合って一生懸命に努力しましょう。得意なことは伸ばし、苦手なことを努力して克服すれば、人として成長できます。

5.妬んだ相手の背景を知る

素敵な人は影ながら努力している

人はわざわざ大変な姿や惨めなところを見せようとはしません。周りには素敵な姿を見せようとするので、自分の目に入ってくるのは他人のキラキラした部分ばかりです。それをダメな自分と比較して妬んでしまう人もいるでしょう。

しかし、素晴らしいものを手に入れている人というのは、必ずそのために努力しています。スリムな体型のためにトレーニングしたり、仕事で活躍するためにスキルアップしたり、交友関係を広げるためにコミュニケーション力を高めたり。

また同じように日常があり、大変な思いや苦労をしている人もいるでしょう。羨むような人だとしても、影ながら努力していたり、苦労をしていたりするかもしれない背景に目を向けると、妬みを抱くことはなくなるはずです。

記事に関するお問い合わせ