無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

SNSでも感じる...「妬み」の感情と上手に付き合う方法7選

うらやましいという感情や、誰かへの妬みや嫉み。SNSなどで他の人の様子が目に入りやすい現代では、そういった感情を抱くこともよくあるかもしれません。そこで、そんなもやもやとした気持ちと上手に付き合う方法を解説します。

ライフスタイル

6.自分と他人を比較しない

「私は私」で素晴らしい

妬んだり嫉んだりしている「誰か」と比較ばかりしていると、あなたの人生なのに「誰か」主体の生き方をしてしまいます。それでは自分の人生が置いてけぼりになってしまうでしょう。

その人よりも劣っていようが違っていようが、あなたはあなた。あなたの魅力に嫉妬している人だっています。それだけあなたにも素晴らしい魅力があるのです。

人は誰でもそれぞれに魅力があり、どんな人でも素晴らしいのです。それなら、ないものを求めるより「私は私」と自分の素晴らしさに気づいた方が、自分の人生を謳歌できるでしょう。

7.今から未来を作っていく

良いことも悪いことも現時点のことに過ぎない

相手をうらやましいと思っても、それは現時点のことです。逆に自分はダメだと思っても、それもやはり現時点ダメであるに過ぎません。未来がどうなっているかは誰にもわからないのです。

しかし、未来のために今頑張ることはできるはず。妬みを抱いた現時点から、ただ相手を羨むだけで過ごすのと、自分も頑張ろうとするのでは、未来の有り様は変わるでしょう。今の妬みを自分の未来の幸せに生かしましょう。

妬みも自分のパワーにしましょう

妬みをただ抱くだけだと、心が疲弊してしまいます。妬んだ自分を認めて受け入れ、自分の成長につなげることで、今よりもっと素敵な人になれるでしょう。

妬みという感情をポジティブなパワーに変えて、自分自身を磨く材料にしてみませんか。

記事に関するお問い合わせ