無料の会員登録をすると
お気に入りができます

仕事や家事が忙しくて片づけがおそろかになってしまったら。山積みスペースの整理術

レシピ

理想や目標に向かって突き進める行動派は、動物にたとえるならちょ突猛進なイノシシタイプ。このタイプは、捨てることは苦じゃないのが本音。ただ、優先順位を考えて行動するので、意識が片づけに向いていないときは、捨てるのもおっくうになります。人に任せることを好まず、やるなら一気にできるので、いかに片づけの優先順位を高くできるかがポイント。

“ほかのことに夢中”で散らかる

仕事やほかの家事に一生懸命なときは、片づけがおろそかに。ものが増えると、空スペースに山積みしたり詰め込んだりする癖あり。

俊敏に行動したいイノシシタイプは、すぐにものを放り込める棚や机を好みます。ただ、一部はきちんと整頓されているのに、それに反してごちゃついている部分も。「片づけをするときとしないときの差が激しいので、捨てるきっかけをつくることを心がけて」。

☆ちょ突猛進なイノシシタイプへの処方WORDS☆きっかけさえあればいつでも捨てられるよ

ちょ突猛進なイノシシタイプの捨て方はズバリ「捨てスケジュールを決めて捨てる」

片づけの優先順位を高くするために、捨てる日をつくるのがベスト。やり始めると捨てることが快感になるので、すぐに家がキレイに。

●ゴミの日の前日にゴミ袋を持って家じゅうをパトロール

ゴミを出す日が決まっていれば、それを目標に捨てられるのがイノシシタイプの特徴。「捨てるものがないと思っても、ゴミ袋を持って家じゅうを探索してみると、不要な書類などが意外と見つかります」。

●ものは立てて並べ取り出しやすく

平積みしがちですが、出し入れしやすいよう、立てて並べることを意識して。「後で片づけたいものがあるときは、棚に無理に入れるのではなく、気軽に放り込めるボックスを別に用意すると◎」。

☆それでも捨てられなければ…タイミングが合えばできる人なので気にしなくてOK

自分は今、〝捨てようとしていない〟と思って。「やる気になるタイミングまで待ちましょう。きっかけさえあれば一気に捨てられるのが、イノシシタイプのいいところ」。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ