無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ついつい使っちゃう...。貯金できない「浪費癖」を直す方法

自分なりに節約しているつもりなのに、いっこうにお金が貯まらないとお悩みではありませんか?浪費癖は、ちょこちょこ買いやストレスが溜まっているなど原因も様々。今回は、いい加減直したい浪費癖を改善する方法をご紹介したいと思います。

2018年9月
ライフスタイル

貯金したいけど全然できない…!

貯金をするべく家計簿を始めてみるも3日坊主で終わったり、毎月収入より多くお金を使ってしまい貯金を切り崩して生活したりなど、お金を貯めたいと思いつつもなかなか貯まらないと悩んでいませんか?

このような浪費癖は、自分で心の中から「止める!」と決意しなければ改善しない厄介なもの。今回は、やめられない浪費癖を治して着実にお金を貯める方法をご紹介したいと思います。

そもそもあなたは何にお金を使ってる?

自分がなぜ浪費してしまうのか、その原因を探ることが大切です。「そんな大きな買い物全然してない!」と心当たりのない方、実は毎日コンビニでちょこちょこ買い物して、塵も積もれば山になっている可能性大ですよ。

ストレスを発散したい…!

仕事で残業が続いたり、忙しかった週の金曜日などは、何か衝動的に物が欲しくなってパァッとお金を使いたくなるという方も多いはず。物欲ではなく食に走る人もまったく同様のことが言えます。

なんだかむしゃくしゃして「とりあえず何でもいいからお金を使いたい」欲求が続いてしまうと、自炊はおろか外食や出前などを積極的に利用するようになり食費がみるみる高額に。ストレスを物欲や食欲で解消している人は要注意です!

趣味につぎ込んでしまう

生活費が少なくなっても趣味にはお金をついついかけてしまうという人も少なくありませんね。最近ではスマホのアプリで課金してしまい、気づいたらとんでもない額の請求に驚く...なんていう例もよく見られるようになりました。

趣味があることはもちろんいいことですが、ハマりすぎたり依存しすぎたりするのは危険。これを読んで「あ、自分マズイかも…」と思った人は、趣味から適度に距離をとって自分を冷静に見つめることも大切です。

「なんとかなる!」と思い込んでいる

もともと楽観的でお金はどんぶり勘定という方は、お金を貯める計画性がほぼゼロ。お金を貯めるという概念がそもそもないことから、後先考えずお金がある分だけパパッと使ってしまいます。

このタイプは、ウィンドウショッピングの最中に直感で物を買ってしまいがち。クローゼットの中をのぞけば「この服まだ一回も着てない…」というものであふれかえっていませんか?衝動的に買ってしまう前に一呼吸おく癖をつけて。

周りに見栄を張りたいから

友達に自慢したくなるようなバッグや服、時計などを身につけていると気分がよくなるもの。最近SNSの影響も大きいことから、「みんなにすごいと思われたい!」といった承認欲求を満たしたい人が増えてきているのも事実。

記事に関するお問い合わせ