無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「#セカンドパートナー」はずるさの極み!不倫愛のストップ術

体の関係がなければ不貞行為にはあたらない…。不倫カップルが別れを決断する時、心だけでもつながっていたい=セカンドパートナーへと移行する場合があります。これって実はかなり不誠実!不毛な恋愛は心身を蝕みます。不倫愛のストップ術をご紹介します。

恋愛・結婚

グレーゾーンで繋がっていたい!?

不倫発覚後は多くのカップルが別れを決断します。しかし、中にはセカンドパートナーとしてグレーゾーンで繋がる人たちも存在します。心だけでも通じていたいというずるさの極みの関係です。

セカンドパートナーへの提案は男性側からが多く、「友達になろう」「親友でいたい」等の巧みな言葉で女性を誘惑します。セカンドパートナーは不倫男性に有利なのは間違いありません。断固阻止しましょう。

1.セカンドパートナーのデメリット

法律には引っかからなくても不倫と大差ない

セカンドパートナーとは、体の関係を持たず、友達以上恋人未満の関係を指します。不貞行為にはあたりませんが、奥さんのいる男性と心が繋がっているのは本来おかしな関係ですよね。

不倫に走る男性は自己中であり、奥さんも恋人も両方ほしいのが本音。生活や社会的地位、SEXは奥さんと、心の寂しさや楽しみはセカンドパートナーと。責任を負わずとも自分を愛してくれる相手=セカンドパートナーとなるのです。

人生をめちゃくちゃにされる

奥さんが別れてくれないから心だけ繋がっている…。はじめは優越感を抱いたとしても、この状態が何年続いてもあなたの心は平穏でいられますか?

彼は恋人をキープしつつ家庭も安定させている状態。あなたは将来の約束もなく、彼の便利屋さん。都合の良い女を通り越し、人生をめちゃくちゃにされていますよ!

心や体がどんどん疲弊していく

セカンドパートナーの関係は、あなたの心がどんどん疲弊していきます。触れたくても触れられない。好きでも関係をオープンにできない。結婚できない。ないないづくしです。

セカンドパートナーになる女性は、結局は奥さんの存在が羨ましくなり、憎しみが生まれます。心を病んだり、次第にやせ細っていく人も…。他人に振り回される人生は幸せでしょうか?

2.セカンドパートナーを抜け出したい

彼のずるさを認めて

不倫の関係からのセカンドパートナー、もしくは、不倫手前のセカンドパートナーであっても、既婚男性がずるいのには変わりありません。本当にあなたのことが大切であれば、離婚するのが正常な男性です。

記事に関するお問い合わせ