無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2018秋アウターの本命!ラフに着こなすテーラードジャケットコーデ術

2018秋コーデの本命アウターはジャッケット!でもジャケットって、一歩間違えると学生感が出たりダサくなりがち…。そうならないために、今回は大人女子のためのジャケットコーデ術を5つ教えちゃいます。かっちりしすぎずラフに着るのがポイントですよ!

ファッション

秋のジャケットコーデを着こなす5つの方法

wear.jp

ジャケットといえば、秋の登場シーンはかなり多めですよね。でも少し、難易度高めに見えませんか?ジャケットに合うボトムスがわからない…なんてことがないように、ここでコーデ術を紹介します。

①まずは簡単セットアップで

まず簡単なのは、セットアップで着てしまうこと。ここでの注意点は1つだけ、インナーはあえてラフなものを選ぶこと!かっちりしたものを選んでしまうと、フォーマル感や物によってはリクルート感が出てしまうので要注意。

wear.jp

ダボダボすぎず程よくゆとりのあるシルエット+長めの丈感が大人のリラックスムードを演出しています。ボトムスはロングスカートなのでより女っぽさがアップ。さらにジャケットの上からリボンベルトをウエストに装着すれば、コーディネートにメリハリが生まれます。

wear.jp

こちらはとことんメンズライクなセットアップですね。ジャケットのサイズ感もかなりオーバー。カラーも黒とブラウンでまとめ上げることで、スタイリッシュなコーデになります。

②デニムで程よくカジュアルに

よりカジュアルに着たいあなたにおすすめなボトムスはデニム!ジャケットとデニムパンツでつくる、とっておきの秋のきれいめカジュアルはいかがでしょうか?

wear.jp

まずは、ブラウンジャケット×濃いめデニム。トラッドでヴィンテージライクなジャケットは主役級にかわいいです♡白Tとデニムのシンプルコーデにジャケットを合わせることで、かなりアップデートされます!足元のサイドゴアブーツとの相性も抜群。

wear.jp

グレーのグレンチェック柄ジャケットは万能アイテムなんです。主張が少なめなので、どんなアイテムともコーデを組みやすいのが嬉しいポイント。ジャケットからチラ見せのサスペンダーは、ちょいマニッシュさが◎

wear.jp

ネイビー×金ボタンがジャケットだけでなく、コーディネート全体のアクセントとなっています。ジャケットの丈の短さとデニムのワイドシルエットが好マッチ!デニムは薄色を選んで抜け感を出してみて。

③ワンピースでレディっぽく

レディライクなスタイルにしたいならワンピース×ジャケットで決まり!どちらもちょっと丈が長いくらいの方が、こなれ感が出せますよ。

wear.jp
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ